Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

特集上映『戦後日本ドキュメンタリー映画再考』開催 羽仁進らの66本上映

CINRA.NET

20/1/20(月) 20:00

特集上映『戦後日本ドキュメンタリー映画再考』が1月21日から東京・京橋の国立映画アーカイブで開催される。

太平洋戦争の終戦から75年を迎える今年。同特集では1950年代から2000年前後までに制作されたドキュメンタリー映画を通じて、それぞれの環境や条件下で映画を制作してきた作家らの足跡を追い、戦後の意味を問う。

上映作品は、羽仁進の『動物園日記』や松川八洲雄の『不安な質問』、小川紳介の『ニッポン国古屋敷村』などをはじめ、高度経済成長の柱となったダムの建設記録映画を含む66本。高度成長の中で伝統的な習俗や文化が失われていくことに抗った姫田忠義、北村皆雄、岡田一男らによる作品や、女性監督の道を切り拓いたとされる羽田澄子、時枝俊江、中村麟子、藤原智子らによる作品も見どころとなる。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む