Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「少女都市 第8回公演 / 東京駆ける三公演 第三弾『光の祭典』」より。(撮影:佐々木啓太)

少女都市「光の祭典」開幕、葭本未織「自分の光を見つけるきっかけに」

ナタリー

19/8/21(水) 18:28

少女都市「光の祭典」が、本日8月21日に東京・こまばアゴラ劇場で開幕した。

少女都市の主宰・葭本未織が作・演出を手がける本作は、性犯罪の被害に遭ったことによりカメラが持てなくなった女性映画監督と、震災で亡くなった父親を忘れられない青年が、時流に翻弄されながら愛し合い、憎み合い、求め合い、傷つけ合う物語。2017年と2018年に関西で上演され、今回東京で初めて披露される。

開幕に際し、葭本は「傷ついたこと、傷つけられたこと、その経験をどう受け止めるか、まだはっきりしていない人に見てほしい。物語を一緒にたどって自分の光を見つけるきっかけになれば」と観客にメッセージを送った。

上演時間は約2時間。公演は8月27日まで。なお本作は、少女都市が3月から8月にかけて東京都内で3作品を上演する「東京駆ける三公演」の第3弾となっている。

葭本未織コメント

「個人の人生」を「個人の手」に取り戻すために、「光の祭典」を創りました。描かれるのは、人間が困難を乗り越える、遥かで尊い第一歩です。人は皆、被害と加害の両面を持っていて、それに苦しむ。私も、欠けた部分と素晴らしい部分、両方を持っている。両方を持ったのが自分、それを実感してもらうためにこの作品を創りました。傷ついたこと、傷つけられたこと、その経験をどう受け止めるか、まだはっきりしていない人に見てほしい。物語を一緒にたどって自分の光を見つけるきっかけになれば。私もまだその途中なのだと思います。

「少女都市 第8回公演 / 東京駆ける三公演 第三弾『光の祭典』」

2019年8月21日(水)~27日(火)
東京都 こまばアゴラ劇場

作・演出:葭本未織
出演:清瀬やえこ、桑野晃輔、谷風作、中野亜美、加藤広祐、齋藤朱海、宮川まき、青海アキ、葭本未織、玉垣光彦

アプリで読む