Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

藤田俊太郎演出『ミネオラ・ツインズ』いよいよ開幕 大原櫻子、八嶋智人、小泉今日子からのコメントも

ぴあ

左から小泉今日子、大原櫻子(シス・カンパニー公演『ミネオラ・ツインズ~六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ~』より) 撮影:宮川舞子

続きを読む

シス・カンパニーによる『ミネオラ・ツインズ~六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ~』がいよいよ1月7日(金)、青山・スパイラルホールにて開幕する。

本作は1950年代から1980年代の激動の時代に、女性たちが何を考え何を体験してきたかを痛烈な風刺を込めて描いたダーク・コメディ。主人公は、ニューヨーク郊外の小さな町ミネオラで生まれ、見かけは全く同じなのに性格は正反対な一卵性双生児の姉妹マーナとマイラ。約30年の長い年月の中で、常に「両極」から対するふたりには、驚いて呆気にとられるやら、あまりのぶっ飛びぶりに笑うしかないやら、と客席も一緒に「激動の時間」が楽しめる疾走感あふれるステージとなっている。

日本初上陸となる本作で、作者ポーラ・ヴォーゲルは、運命の双生児姉妹をひとり女優がカツラと衣装を目まぐるしく変えながら演じ分けるよう戯曲の冒頭に指定した。そして「常にホルモンの影響による興奮状態で演じて欲しい」とも。その難題に、芝居と音楽の両分野を自在に行き来し、観客を魅了する大原櫻子が果敢に挑んだ。

そして、この姉妹の狂乱の渦には、小泉今日子と八嶋智人もそれぞれ2役を演じながら参戦。小泉が、大原演じる双子姉妹それぞれの恋人役、八嶋が双子姉妹それぞれの息子役を演じることも、演劇だからこそ成立するマジックである。

俊英・藤田俊太郎の演出の下、観る人を「禁断の別世界」へと連れていく、必見の舞台をぜひお見逃しなく。

<演出:藤田俊太郎・コメント>
上演中、キャスト皆がウィッグ、衣装を矢継ぎ早に変えながら、アメリカの50~80年代を駆け抜けます。稽古を通して、現代的なテーマを発見する度に驚きました。これはアメリカの話ではない、私達の戦いなのだと感じています。戯曲の言葉、女性の価値観を大事に、魂を込めて演出しました。観客の皆様には、この魅惑に満ちた悲喜劇を見終えた後に、明日に向かうエネルギーを感じていただけたら幸いです。

<双子姉妹マーナ・マイラ役:大原櫻子・コメント>
稽古が始まる何か月も前から、台本を片時も離さず、この戯曲に向き合ってきました。台本も早々に1冊ボロボロになってしまったほど(笑)。そして、実際に稽古が始まってしばらくは、本当にゴールが見えてくるのか不安で、生みの苦しみと闘っているような毎日でした。でも、小泉今日子さん、八嶋智人さんという心強い先輩たちに支えられ、ようやく光が見えてきました。約1カ月の公演期間中、この特別にエネルギーが必要な「マーナ」と「マイラ」を精一杯生きていきたいと思っています。

<マーナの息子ケニー、マイラの息子ベン役:八嶋智人・コメント>
超保守のマーナとリベラルなマイラ。両者はそれぞれ自己矛盾を抱えています。日本でも、分断や多様性が身近な問題になって、立場や主張が極論化するほど自己矛盾していくのを目の当たりにする、そんな演劇が今だからこそ理解できる。未来に繋ぐ事ができると思うのです。そしてその真ん中に立つ大原櫻子さんが日に日に役を進化させてゆくさまは本当に凄い!僕は大原さんの14歳の息子役。無理あるぞと思うでしょ?それも演劇の醍醐味!是非そこも楽しんで下さいませ。

<マーナの婚約者ジム、マイラの恋人サラ:小泉今日子・コメント>
コロナ禍で様々な現実が可視化された今が、この作品を楽しむベストタイミングだと思います。日本でもジェンダーや多様性について関心が高まる一方で、違う立場の人間同士が分断されがちな風潮もあって。だからこそ異なる立場の二役を一人の俳優が演じる趣向が面白いですね。長い歴史の中で女性の立場は変わっていないとも言えますが、少しずつ変化してきたはず。その過程にあるこの作品をコメディとしてお届けできたらと思います。個人的には、若いジムがオジサンみたいにならないよう頑張らないと(笑)!

■舞台情報
シス・カンパニー公演『ミネオラ・ツインズ~六場、四つの夢、(最低)六つのウィッグからなるコメディ~』
2022年1月7日(金)~1月31日(月)
会場:スパイラルホール(東京・青山)

※小学生未満のお子様はご入場いただけません。
※当日券あり(開演1時間前より会場入口にて先着順販売。詳細は公演サイトへ)

アプリで読む