Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」父の日記念イベントの様子。左から坂口健太郎、吉田鋼太郎。

吉田鋼太郎、坂口健太郎から父の日プレゼント受け取り「一生大切にします!」

ナタリー

19/6/11(火) 22:19

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の父の日記念イベントが本日6月11日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの坂口健太郎と吉田鋼太郎が登壇した。

本作は、ブログ「一撃確殺SS日記」の著者・マイディーと父親の実話をもとにしたもの。正体を隠したままオンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」を親子でプレイする「光のお父さん計画」を始動した息子アキオが、父・暁の知られざる一面を知っていくさまが描かれる。

坂口は、自身が演じたアキオについて「ゲーム愛にあふれる普通の男の子なんですけど、お芝居をしていて彼の気持ちや感情の動きがすごくわかってきました。とても愛せる男の子だなと思います」と述懐。暁役の吉田は、坂口に対する印象を問われると「今回のアキオもそうですけど、(坂口は)悪い部分が一切ないんです。人間だから悪い部分もあるんじゃないの?と思ってしまうんですが、そこがまったく不自然じゃない。それができる役者さんはなかなかいない」と賛辞を贈った。

撮影前には吉田に「紳士で、ダンディーで渋い」というイメージを持っていたという坂口が「すごくチャーミングな方で驚きました」と語ると、吉田は「なんでもかんでもチャーミングって言えばいいと思って!」と苦笑する。劇中では、吉田がゲーム内の暁であるインディーの声も担当しており、МCが「がんばるぴょん」というセリフについて話題を振る。吉田は「台本に書いてあったから(笑)。一番難しいのはインディーの声を入れる部分だろうなと思ったんですが、プロの声優さんのようにやるよりはお父さんが一生懸命インディーの声を出そうとしている、というさじ加減に落ち着きました」と解説した。

終盤には、イベントが「父の日記念」と銘打たれていることから、坂口が吉田にサプライズプレゼントを用意していることを明かす。坂口が自分で選んだというネクタイが運ばれてくると、吉田は「えー、本当に!? ありがとう!」と声を弾ませる。坂口に手伝ってもらいながら、ネクタイを絞めた吉田は「一生大切にします!」と頭を下げた。サプライズはこれで終わらず、続けて坂口が100本の黄色いバラで作った花束を持って登場。吉田は花束を抱え「俺が健太郎に何か返すっていうプログラムはもらってないよ!? いいの?」と顔をほころばせた。

最後に坂口は「少しずつこの作品を広めて、アキオとお父さんの愛がいろんな人に響けばいいなと思います」とコメント。吉田は「この映画の公開日と同じ日に岡田准一くんの『ザ・ファブル』があるよね」と坂口に語りかけ、「打倒、ファブル!」と宣言した。

野口照夫が実写、山本清史がゲームパートの監督を務める「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」は、6月21日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

(c)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会 (c)マイディー/スクウェア・エニックス

アプリで読む