Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

虹のコンキスタドール「RAINBOW JAM2019」の様子。(写真提供:キングレコード)

虹コン初のバンド編成ワンマンは大成功、勢い止めずに年末のZepp Tokyo公演へ

ナタリー

19/7/22(月) 20:00

虹のコンキスタドールが昨日7月21日に神奈川・神奈川県民ホールでワンマンライブ「RAINBOW JAM2019」を行った。

今月結成5周年を迎えた虹コンは、過去最大規模ワンマンとなった本公演で念願の初のバンド編成ライブに挑戦。バックバンド“虹コンだいすきバンド”の演奏に乗って順にステージへ登場すると、会場に集まった大勢の虹コンだいすきマン(虹コンファンの呼称)を巻き込んで手拍子を鳴らし、バレンタインソング「戦場の聖バレンタイン」で勢いよくライブの幕を開けた。冒頭から一体感あふれるコールを叫ぶ観客を力強く煽ったメンバーは、さらにサマーチューン「限りなく冒険に近いサマー」やファンキーなサウンドの「パラダイスな片思い」などをノンストップで披露していく。最初のMCでは、リーダーでグループの振り付けを手がけている的場華鈴が多くのペンライトの光が輝く場内を見渡して喜びを露わにし、「1階! 2階! 3階!」と呼びかけて各階の観客を盛り上げた。

序盤から客席の温度を上昇させた彼女たちは、7月10日発売の結成5周年記念シングル「愛をこころにサマーと数えよ」に収録されたお祭りソング「ジャポニジフェス」のほか、ユニット曲2曲を歌唱。的場、鶴見萌、中村朱里、根本凪、大和明桜からなるユニット・虹のコンキスタドール赤組は7月14日に神奈川・Yokohama Bay Hallで行った結成5周年公演「虹コン5周年Anniversary LIVE~今年もあなたと過ごすサマー!~」で初披露したばかりの「天文学的ノンフィクション」を元気いっぱいに、岡田彩夢、片岡未優、隈本茉莉奈、清水理子、蛭田愛梨、山崎夏菜、山本莉唯からなる虹のコンキスタドール青組は「真夜中のテレフォン」をキュートにパフォーマンスした。

続いて虹コンは、的場の発案による観客を“鶴見組”と“隈本組”に分けての声出し対決やバンドメンバー紹介を挟み、ライブの人気曲「in(door)the Summer」や、「奇跡100%」「心臓にメロディー」「あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように」といったエモーショナルな楽曲を歌い上げる。「心臓にメロディー」では的場が曲中に「ありがとう!」と感謝の気持ちを生声で力いっぱい叫んだ。7月15日に配信リリースされた新曲の「あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように」は、隈本によるピアノの演奏でスタート。メンバーそれぞれの心情を表したようなセリフパートののち、12人はステージに一列に並んで虹色の照明に照らされながら熱唱した。

場内が感動的な空気で満たされる中、再び元気いっぱいにファンを煽った虹コンは、結成5周年記念シングルとして発表した「愛をこころにサマーと数えよ」をはじめ「キミは無邪気な夏の女王~This Summer Girl Is an Innocent Mistress~」「THE☆有頂天サマー!!」「ずっとサマーで恋してる」といったサマーソングをバンドが生み出すグルーヴに乗せて連発。「ずっとサマーで恋してる」のサビでは客席の虹コンだいすきマンが手で作ったハートマークを頭上に掲げてジャンプし、ステージ上の推しに精一杯の愛を伝えた。そして客席に向かって「おにぎりの形は!?」「みんなの大好きな図形は!?」と問いかけたメンバーはキラーチューン「トライアングル・ドリーマー」を最後に披露し、会場を大いにヒートアップさせた。

熱烈なアンコールに応えて再びステージに登場した虹コンは、「トライアングル・ドリーマー」の続編として制作された「パラドキシカル・コンプレックス」を客席通路で歌い、虹コンだいすきマンを喜ばせる。その後のMCでは次々に発表が行われ、夏のアニメソングイベント「Animelo Summer Live 2019 -STORY-」の外会場エリアであるけやき広場のステージに出演すること、鶴見がTask have Funの熊澤風花と共に今秋公開予定の映画「FIND」で主演を務めること、「冬スポ!! WINTER SPORTS FESTA 19」の公式テーマソングを担当すること、10月18日に「RAINBOW JAM2019」と結成5周年記念公演の模様がBlu-ray化されること、そして10月6日に東京・ユナイテッドシネマ アクアシティお台場にて「RAINBOW JAM2019」の爆音応援上映会、9月より定期公演が開催されることが明らかになった。さらに12月29日の東京・Zepp Tokyo公演を初日とする東名阪ツアー「RAINBOW JAM2019 WINTER」が行われることがサプライズでアナウンスされると、メンバーは目に涙を浮かべて歓喜。的場は歓声に包まれながら「ここまで平坦な道のりではなくて、ずっとでこぼこ道と言いますか、皆さんにたくさん心配をかけてしまうグループだと思うんですが、本当に皆さんがいたからここまで来れたと思っています。Zepp来てくれますよね!?」と呼びかけ、「私たちは止まらずにずっと走っていきたいと思います!」と高らかに宣言した。

その後、虹コンは「やるっきゃない!2018」でライブを再開し、ラストナンバーとしてアッパーチューン「ブランニューハッピーデイズ」をパフォーマンス。客席に金色のテープが盛大に放たれたほか、大和が楽曲を止めて「明桜!」というコール&レスポンスを繰り広げる演出が展開され、大盛り上がりの中で虹コン初のバンドセットワンマンの幕が閉じた。

虹のコンキスタドール「RAINBOW JAM2019」
2019年7月21日 神奈川県民ホール セットリスト

01. 戦場の聖バレンタイン
02. +ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド+
03. 本命ショコラティエ
04. 限りなく冒険に近いサマー
05. パラダイスな片思い
06. ジャポニジフェス
07. chaos and creation
08. 天文学的ノンフィクション / 虹のコンキスタドール赤組
09. 真夜中のテレフォン / 虹のコンキスタドール青組
10. in(door)the Summer
11. 奇跡100%
12. 心臓にメロディー
13. あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように
14. 愛をこころにサマーと数えよ
15. キミは無邪気な夏の女王~This Summer Girl Is an Innocent Mistress~
16. THE☆有頂天サマー!!
17. ずっとサマーで恋してる
18. トライアングル・ドリーマー
<アンコール>
19. パラドキシカル・コンプレックス
20. やるっきゃない!2018
21. ブランニューハッピーデイズ

※「+ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド+」の「+」は十字架マークが正式表記。

虹のコンキスタドール定期公演

2019年9月21日(土)東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
2019年10月27日(日)東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
2019年11月24日(日)東京都 WWW X

虹のコンキスタドール「RAINBOW JAM2019 WINTER」

2019年12月29日(日)東京都 Zepp Tokyo
2020年1月3日(金)大阪府 umeda TRAD
2020年1月5日(日)愛知県 DIAMOND HALL

アプリで読む