Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ゲット・アウト』に続くサプライズホラー ジョーダン・ピール監督最新作『アス』9月公開決定 

リアルサウンド

19/5/22(水) 17:00

 『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督最新作『アス』が、9月6日より全国ロードショーされることが決定した。

参考:『ゲット・アウト』『Us』が米社会にもたらした衝撃 ジョーダン・ピールの恐怖と笑いの原点とは

 本作は、『ゲット・アウト』で第90回アカデミー賞脚本賞を受賞したピールが監督・脚本・製作を務めたサプライズホラー。『ゲット・アウト』に続き、『セッション』や『ブラック・クランズマン』で製作を務めたジェイソン・ブラムが今回も製作に名を連ねている。主演を務めたのは、『それでも夜は明ける』で第86回アカデミー賞助演女優賞を受賞したルピタ・ニョンゴ。そのほか、『ブラックパンサー』のウィンストン・デューク、『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』のエリザベス・モスらが出演している。

 アデレードは夫のゲイブ、娘のゾーラ、息子のジェイソンと共に夏休みを過ごすため、幼少期に住んでいたカリフォルニア州サンタクルーズの家を訪れる。早速、友人たちと一緒にビーチへ行くが、不気味な偶然に見舞われたことで、過去の原因不明で未解決なトラウマがフラッシュバックする。やがて、家族の身に恐ろしいことが起こるという妄想を強めていくアデレード。その夜、家の前に自分たちとそっくりな“わたしたち”がやってくる。

 なお本作は、全米初登場No.1のヒットを記録し、オリジナル・ホラー作品&オリジナルR指定作品のオープニングで歴代1位を更新した。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む