Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から中村梅丸、中村梅玉。

中村梅丸、11月「吉例顔見世大歌舞伎」から“初代 中村莟玉”に

ナタリー

19/8/23(金) 19:56

中村梅丸が、東京・歌舞伎座の11月公演「吉例顔見世大歌舞伎」より、初代中村莟玉(かんぎょく)を名乗ることがわかった。

本日8月23日に東京都内で実施された記者懇親会には、梅丸とその師匠である中村梅玉が出席。梅丸は、莟玉を名乗るよう梅玉から言われた際の心境を「本当にうれしく思った」と語り、「(名跡を改めることに)とらわれすぎては押し潰されてしまうので、あまり考えすぎないようにしたい。まだ実感がわかずそわそわしていますが、11月公演に向けてこれから一生懸命精進して勤めたいと思います」と意気込みを述べた。

またこのたび、梅丸が梅玉の養子になることも明らかに。梅玉は「今から15年前に歌舞伎が好きで訪ねてきたのが彼だった。すごく熱心に取り組み、歌舞伎をやる覚悟があるのだなと感じた」と梅丸との出会いを振り返り、「私の養子になることをプレッシャーに感じていてはいけない。これからが始まりだと思いますので、私も共に精進していけたら」とコメントした。

梅丸は1996年生まれ。2006年より梅玉の部屋子となり、歌舞伎座「沓手鳥孤城落月」の小姓神矢新吾、「関八州繋馬」里の子竹吉で梅丸を名乗った。

アプリで読む