Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「東京キャラバン in 秋田」パフォーマンス(2019年)より。(撮影:コンドウダイスケ)

「東京キャラバン in 北海道」に野田秀樹、木村カエラが参加

ナタリー

19/11/28(木) 18:05

「東京キャラバン in 北海道」が、2020年1月11・12日に、北海道・モエレ沼公園ガラスのピラミッドで開催される。

2015年に始動した「東京キャラバン」は、2020年の東京を文化面から盛り上げるための「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の一環。ジャンルを超えた表現者たちの“文化混流”により、国内外で多彩なパフォーマンスを創作・発表してきた。

今回は、「東京キャラバン」の総監修を務める劇作・演出家、俳優の野田秀樹がアーティストとして参加。北海道の歴史・文化に想を得て、参加アーティストをはじめアイヌ古式舞踊や江差追分など、その土地で活躍するクリエーターらと共に作品を作り上げる。

参加アーティストには、木村カエラ、“東京キャラバン”アンサンブル、沢則行、公益社団法人北海道アイヌ協会、ライリー大仁が名を連ね、沖縄から琉球舞踊が、秋田から男鹿のなまはげが客人(まれびと)として登場する。

パフォーマンスに先駆け、12月21日に北海道の白老町中央公民館・コミュニティセンター、22日にサッポロファクトリーホールで公開ワークショップを開催。観覧は無料で、事前予約不要だ。また、2020年1月12日16:30より公式WEBサイトにてインターネットライブ中継される。

「東京キャラバン in 北海道」

2020年1月11日(土)・12日(日)
北海道 モエレ沼公園ガラスのピラミッド

参加アーティスト:
野田秀樹、木村カエラ、“東京キャラバン”アンサンブル、沢則行、公益社団法人北海道アイヌ協会、ライリー大仁、琉球舞踊、男鹿のなまはげ ほか

参加クリエーター:
服部基、原摩利彦、ひびのこづえ、赤松絵利 ほか

アプリで読む