Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

斉藤和義、『ちびまる子ちゃん』ED主題歌「いつもの風景」&ライブ作品『Time in the Garage』トレーラー映像を公開

リアルサウンド

19/11/19(火) 18:10

 斉藤和義が、11月20日にリリースするアニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)新エンディング主題歌「いつもの風景」とライブ作品『Time in the Garage』のトレーラー映像を公開した。

(関連:斉藤和義、新曲&ライブ映像のトレーラーはこちら

 「いつもの風景」はさくらももこが作詞、斉藤和義が作曲、編曲を担当した『ちびまる子ちゃん』の新エンディング主題歌。さくらももこが生前より斉藤に歌ってもらうことをイメージしていたという、斉藤和義というキャラクターを想起させるフレーズが散りばめられた歌詞に。

 同シングルのカップリングには、クリエイティブディレクター/CMプランナーである高崎卓馬が、小泉今日子から80年代にアイドル親衛隊をしていた少年たちとの交流について書かれた青春小説『オートリバース』にインスパイアされ書き下ろしたコラボ曲「オートリバース~最後の恋~」や、1950年代にリリース後、様々なアーティストにカバーされ英米チャートでも長く名を連ねてきたバラード「YOU BELONG TO ME」を斉藤のオリジナル日本語詞でカバーし収録。さらに初回限定盤はジャズファンクチューンのインストゥルメンタル『シャーク(Naked)』が収録され、ちびまる子ちゃんコラボの特製ケース仕様に加え「斉藤和義 ✕ ちびまる子ちゃん」コラボステッカーが3枚セットとなる。

 『Time in the Garage』では、ギターのみならずキーボード、ドラム、ベースなどの楽器を駆使したプレイ、ループマシンを足元で操ったダイナミックなパフォーマンスなどを収録。また、90年代に発表した曲のマスターテープ音源を同期させながらその場で生演奏を合わせ、当時の音源とセッションしてみせる新たな試みなど、弾き語りだけにとらわれないプレイを次々と繰り広げるという内容に仕上がっている。

 同作品では、「歩いて帰ろう」「歌うたいのバラッド」「ずっと好きだった」等のセットリストに加え、作家・伊坂幸太郎との出会いがきっかけで生まれた、現在公開中の映画『アイネクライネナハトムジーク』の主題歌「小さな夜」など最新曲も収録。さらに、Blu-rayとDVDの初回限定盤には全29公演の中からセレクトした日替わり曲を公式BOOTLEG特典DVDとして10曲収録。CD初回盤は全公演よりセレクトした日替わり曲を11曲収録した特典CDが付属する。また、対象店舗にて本作品(Blu-ray/DVD/CDのいずれか)を予約・購入者に先着で全5種類の“斉藤和義オリジナルチケットホルダー”もプレゼントされる。

 そして、このリリースキャンペーンとしてニューシングル「いつもの風景」とライブ作品『弾き語りツアー2019“Time in the Garage”Live at 中野サンプラザ 2019.06.13』(Blu-ray、DVD、CDのいずれか)をダブルで購入すると、キーホルダーやTシャツなどオリジナルグッズが当たる期間限定キャンペーンも行なわれる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む