Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

入管収容所の実態を映したドキュメンタリー「牛久」2月公開

ナタリー

「牛久」

ドキュメンタリー映画「牛久」が2月26日より、東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開されることがわかった。

本作は、日本の入管収容所の実態を映したドキュメンタリー。監督・撮影・編集をアッシュ・トーマスが担当した。

国に17カ所ある「入管収容所」とは、在留資格がない者、紛争などにより出身国に帰れない者、国外退去を命じられた外国人を不法滞在者として強制的に収容している施設のこと。本作でトーマスは、茨城県牛久市にある東日本入国管理センターに収容された当事者たちの了承を得て、面会室で訴える彼らの証言を“隠し撮り”した。

キービジュアルには、「帰れない」現実を抱えた彼らのまなざしが捉えられている。

(c)Thomas Ash 2021

アプリで読む