Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

桜井日奈子&新川優愛、『今日から俺は!!SP』で新たな顔を見せるか? 福田雄一との相性を考える

リアルサウンド

20/7/17(金) 8:00

 7月17日の劇場版公開日に合わせて放送される、賀来賢人主演の日本テレビ系ドラマ『映画公開記念!!今日から俺は!!スペシャル』に、桜井日奈子と新川優愛が出演する。福田組といえば、そのアドリブを多用したディレクションで、『今日から俺は!!』でも、橋本環奈や若月佑美、清野菜名など多くの若手女優のコメディ演技を開花させてきた。そこで今回、桜井と新川の近年の演技を振り返りながら、コメディ作品との相性、そして福田監督とのタッグにどんな可能性があるのか、考察してみたい。

参考:場面写真はこちらから

 『今日から俺は!!SP』では、軟葉高校に通う最強コンビ、三橋(賀来賢人)と伊藤(伊藤健太郎)のライバルであり、ここぞという時は頼れる同志でもある、紅高番長の今井(仲野太賀)が主役に。2018年のシリーズでは、モテないことを三橋に散々いじられてきた今井だが、あることがきっかけで美人女子大生たちに囲まれ爽やかに談笑する“今井史上最大のモテ期”が。そんな今井を取り合う女子大生の詩織役を桜井が、奈美役を新川が演じる。

 福田雄一作品の魅力は、常連俳優たちが織りなす、演技とアドリブの境界線を超えた掛け合いや、もはや相手俳優を笑わせてもOKテイクを出してしまうような自由すぎる作風など、いつもとは違う役者の一面が見られる面白さにある。その中でも、賀来賢人や橋本環奈のように、自らが変顔で笑わせにいくタイプと、清野菜名のように、周りがギャグに走るなか動じないことで面白くなるタイプ、そして若月のようにツッコミ担当と、福田組には3つの笑いのポジションがあると言える。今井役の仲野は、ほかのドラマとは別人と思えるほど顔芸が激しく、突然絶叫したり、勘違いした二枚目風の演技をするなど、ギャグの塊のような存在。桜井と新川がそんな仲野をどう引き立てるのか注目だ。

 かつて“岡山の奇跡”と呼ばれた桜井日奈子は、真面目で一生懸命な典型的ヒロイン役が多い印象だったが、ここ最近は、2019年の映画『殺さない彼と死なない彼女』での、自殺願望のある女子高生や、ドラマ『ヤヌスの鏡』(FOD)での二重人格の不良少女、現在放送中の『ふろがーる!』(テレビ東京系)では、最高の風呂を追求する女性をコミカルに演じるなど役の幅が広がり、自由な演技をする面白い女優へと確変中。

 もともとバラエティではその面白さが遺憾なく発揮されていて、2017年に出演した『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)では、犬のしつけと題して、劇団ひとりが演じる犬を「何やってるのダメでしょ!」と思いっきりぶっ叩き、「すみません不慣れなもんで」と何もなかったようにスンとした表情を見せていたり、最近でも『有吉の壁』公式YouTubeチャンネルにて、お笑いコンビ・タイムマシーン3号と共に「鬼ギャルゾンビ」として、本人とは分からないほどの低音ボイスをやりきるなど(参照:【コラボ】【有吉の壁】鬼ギャルゾンビremix#3)、楽しいことや変わったことが好きな女優なのだろう。仲野のキレッキレな笑いの演技に耐えながら演じる桜井という構図になれば、桜井本来のユーモアが発揮されるのではないか。中学の頃から福田監督作品の大ファンで、出演の夢が叶ったと言う桜井にとって(参照:『今日から俺は!!』SPに新川優愛&桜井日奈子が出演 仲野太賀に夢中の女子大生役に)、福田ワールドに染まることは難しくないはずだ。そして何より、“奇跡の一枚”で彗星の如く現れ、今や名コメディエンヌへと成長した橋本環奈との“奇跡の共演”が楽しみだ。

 新川優愛は、その抜群のスタイルと正統派美人のルックスだからこそ、20代の女優の中でも、硬派なヒロインや、気が強い女性を演じることが多い印象を受けるが、コメディ演技にも注目だ。新川と言えば、2017年の伊藤淳史主演ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(読売テレビ・日本テレビ系)でも見せたドSぶりに定評があり、現在放送中のドラマ『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(読売テレビ・日本テレビ系)では、ドロドロの不倫劇で決してコメディではないが、浮気をした夫の一真(小池徹平)を問いただすシーンで、夫が浮気相手の瑠衣(中村ゆりか)の名前を口にすると「だからカズ君が瑠衣と言わないで、バカなの?」と冷静にキレている演技が絶妙だった。衝撃的な展開にも関わらず、2人のやりとりが面白く見えてくるほどだ。福田組の中では、シリアスな展開で、真面目に話す相手に対し冷静に茶々を入れるという、ムロツヨシがよくやるテクニックにも似ている。

 また、ビートたけし、劇団ひとり、東京03らがコントを披露するNHKの番組『コントの日』に2018年、2019年と2年連続で出演。新川が局アナ役のコントでは、角田晃広やロッチが演じるスタッフから褒めれると、どんな言葉でもフリーになれと後押しされていると思い込み妄想が暴走したり、『世界タピオカ滞在記』という架空番組のコントでは、本家の番組と変わらぬテンションで、最後に家族に見送られ別れを惜しむシーンでは本当に感動して泣いたという熱の入れよう。新川はすました顔で面白いことをやりきるのが上手く、もともと高校生時代からお笑いライブを観に行くほどのお笑い好きなだけに、笑いに対する間の良さを感じる。そうした、すました顔で面白いことをやりきるシュールさは、『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京系)の山田孝之に相通じるものがあり、福田ワールドにマッチする役者なのではないだろうか。

 予告編を見る限り、絵に描いたように今井を取り合いする姿があまりにも嘘くさいので、おそらく何か裏がある可能性が高い。福田監督は2人のどんな新たな顔を引き出し、今井をガッカリ(?)させていくのか。もっと殻を破ってコメディエンヌとしての才能を開花させてもらいたい2人なだけに、楽しみだ。 (文=本 手)

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む