Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「スター・ウォーズ歌舞伎」カーテンコールの様子。左からBB-8、堀越勸玄、市川海老蔵、C-3PO、R2-D2。

「スター・ウォーズ歌舞伎」海老蔵が父との思い出回想、息子もSWファンと明かす

ナタリー

19/11/29(金) 13:05

「スター・ウォーズ歌舞伎」の舞台挨拶が11月28日に東京都内で行われ、キャストの市川海老蔵、堀越勸玄(ほりこしかんげん)が登壇した。

本作は「スター・ウォーズ」の世界観を最先端の映像技術を用いて歌舞伎に融合させた1日限定のスペシャルパフォーマンス。「スター・ウォーズ」シリーズの大ファンである海老蔵が監修を担当し、カイロ・レンに当たるキャラクターの魁煉之介(かいれんのすけ)として出演。堀越は幼少期の煉之介役でステージに上がった。なお本作は煉之介が父・半蔵に刃を向ける「第一刃『父への刃』」、主君・數能角(すのうかく)の命を奪う「第二刃『主君への刃』」、師・皇海大陸琉空(すかいおおおかるくう)との戦いを描く「第三刃『師への刃』」という3つの場面で構成されている。

イベントの幕が開くと、海老蔵は「このような大役を授かってどうなるかわかりませんでしたが、一生懸命作り演じさせていただきました」と挨拶。また堀越が「堀越勸玄です。がんばります!」と述べると会場からは大きな拍手が巻き起こる。続くトークセッションには海老蔵のみが出席。スター・ウォーズを好きになったきっかけについて尋ねられると「父(12代目市川團十郎)が宇宙が好きでして。子供の頃は望遠鏡で星を観に公園へ一緒に行っていました。そんな父に映画館に連れて行ってもらって観た『スター・ウォーズ』がすごく心に響いたんです」と回想する。また海老蔵の子供たちもシリーズ作品を鑑賞していると話し、「特に勸玄は古い作品が好きなようで、見入っていますね」と明かした。

「スター・ウォーズ」の好きな点を「ジェダイと暗黒面で2つに分かれている部分」とし、「それは歌舞伎とよく似ていますね。市川團十郎家の歌舞伎十八番にも勧善懲悪があります」と共通項を指摘。「優秀なジェダイでも、心の中にある恐怖や不安から暗黒面に引きずり込まれてしまうことに魅力を感じます」と語った。また「ジェダイは時代という言葉からインスピレーションを受けたというお話や、歌舞伎の隈取をデザインに取り入れたというお話も聞いたことがあります」と日本文化との親和性を挙げた。

新作映画への思いを問われると「期待するのは、これで本当に終わるんですか!?ということ」と完結を惜しむように回答。「本当に終わるなら正義に勝ってもらえたらと思いますが、そうじゃないかもしれないのが魅力的ですね。終わるんだとしたらどっちになるのかな? 終わってほしくないですが……終わるんですかね?」と一ファンの正直な心境を吐露していた。

また「スター・ウォーズ歌舞伎」本編を前に、舞台へC-3PO、R2-D2、BB-8が登場。司会者が今回の歌舞伎の概要を説明する中、C-3POが歌舞伎の見得をイメージしたポーズで名乗りを上げる場面もあり、客席を盛り上げた。

なお「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は12月20日より全国で公開される。

(c)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

アプリで読む