Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「うちの執事が言うことには」より、神宮寺勇太演じる赤目刻弥。

神宮寺勇太が永瀬廉をハグする「うちの執事が言うことには」キャラクター映像

ナタリー

19/5/13(月) 17:00

永瀬廉(King & Prince)主演作「うちの執事が言うことには」より、同じくKing & Princeメンバーである神宮寺勇太扮するキャラクターをフィーチャーした映像が解禁された。

本作は、高里椎奈の同名小説をもとにしたミステリー。名門・烏丸家第27代当主の花穎と彼に仕える新執事・衣更月蒼馬が、烏丸家に降りかかる陰謀と難事件に立ち向かうさまを描く。永瀬が花穎、清原翔が衣更月を演じた。

神宮寺が演じた赤目刻弥は、大学生でありながら企業家であり、パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナーを務める人物。映像には、赤目が初対面の花穎をいきなりハグする様子が。しかし、2人が出会ったパーティでのある事件について花穎が犯人と疑われた際、赤目が真犯人を知りながらその顔を見ていないと言った理由を衣更月から問われる場面が続けて映し出される。

花穎と赤目が出会うパーティシーンは、本作のクランクイン日に撮影。神宮寺は「花穎にハグするシーンはちょっと戸惑いました」と照れつつ、永瀬との共演について「普段接しているメンバーとしての廉じゃなく、現場では花穎にしか見えなかったので接しやすかった」と振り返った。

久万真路が監督を務めた「うちの執事が言うことには」は、5月17日より全国でロードショー。

(c)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

アプリで読む