Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

水瀬いのりが語る、作詞への挑戦と歌にかける思い「色褪せない気持ちを込められた」

リアルサウンド

19/4/17(水) 18:00

 声優・水瀬いのりが、4月10日に3rdアルバム『Catch the Rainbow!』をリリース。2ndアルバムから約10カ月半という短いスパンでのリリースにもかかわらず、多彩なジャンルの新曲を10曲も収録した充実の1枚となっている。そのリード曲が、水瀬が初めて歌詞を手がけたタイトルチューン「Catch the Rainbow!」。ステージに立てている幸せやファンへの感謝の気持ちを詰め込んだ、ハッピーなアッパーチューンに仕上がっている。今回はこの楽曲をはじめとするアルバム新曲や、リリース後に開催するツアーへの想いについて、水瀬に語ってもらった。(須永兼次)

歌詞に今の気持ちをすべて出しきった

ーー今作も非常にボリュームたっぷりの1枚になっていますが、アルバム間のリリースペースは前回よりも短いんですよね。

水瀬いのり(以下、水瀬):そうですね。リリースのペースが速いなというのは個人的にも思ってはいるんですけど、アルバムに関しては“急いで”というよりも明確にやりたいことを持ちながら作れているなと思っていまして。個人的には「楽曲を作っていかなきゃ!」という使命感的なものよりは、「どんなものをみんなに聴いてもらおうかな?」って、わくわくしながら制作していました。ただ、今回は2ndアルバム以降のシングルはわずか2枚ということもあって、その表題曲以外はすべて新曲になっているので、そういうところも含めてすごく挑戦的ではあったなとも思っています。

ーーそのなかで今回は、何かテーマを設定されて制作されたんでしょうか?

水瀬:実は今回は、制作している間にはテーマを決めていなかったんです。ただ全曲並べてみると、どの曲にも夢を追っている描写があったり、なりたい自分がいたり、希望を歌っていたりと偶然にもテーマ性が重なっていたんです。

ーーでは、まず初めて歌詞を手がけたリード曲「Catch the Rainbow!」のお話からうかがいたいのですが。

水瀬:この曲を収録すると決めたときはまだ作詞をすると決まっていなくて、シンプルに「すごく元気が出る曲だなぁ」と思ってコンペで選ばせていただいたあとに、作詞の提案をしていただいたんです。実は前々から作詞については提案いただいてはいたんですけど、そのたびに「いや、まぁ、難しいですよね……?」って濁していまして(笑)。ですが、3rdアルバムのフックのひとつとして“初めて作詞をした”ということが何か意味を持つんじゃないかと思って、挑戦させていただくことにしました。

ーー初挑戦ということで、苦労もいろいろと?

水瀬:ありました。私は楽器も弾けないですし譜面も読めないので、シンセメロと呼ばれる音でメロディだけが並んでいるのを聴いても、そこに言葉をいくつ入れられるのかがわからないんです。しかも、書きたいことはたくさんあるんですけど、ファンの皆さんへの「ありがとう」とか「大好き」とか「もっと一緒に歌いたい」みたいな気持ちを、ほかの言葉で表せなくて。1番を書いた時点でラストサビぐらいの熱量になってしまっていましたし、2番以降がただの繰り返しみたいになってしまいそうだったんです。

ーーそれは、どう解決したんですか?

水瀬:1番と2番を比べていただくと、〈この胸が〉が〈その胸が〉になっていたり〈ふわり 芽吹くのは〉が〈きらり 咲いたのは〉になっていたりと、似たフレーズが並んでいるのがわかると思うんですけど、それが自分の中で見つけた策だったんです。それでも自分のボキャブラリーの部分も含めて、すごく難しくて。作詞家の方って本当にすごいんだなぁと思いました。

ーーただ、単に置き換えただけではなくて、そこに乗せたメッセージにも少し変化があるように思うのですが。

水瀬:はい。1番をみんなに向けた歌詞にして、2番は自分に向けた歌詞にしようかな……と思って書いていったんです。そしてラスサビでは1サビの熱量に、2番で描いた自分の覚悟やこの歌を作るまでの気持ち、この歌をうたっている気持ちを融合させて言葉にしたんです。なので言葉としてはとてもストレートで、あまり“作詞心”みたいなものはないと思うんですけど(笑)、何年後になっても色褪せないような気持ちをまっすぐに込められたとは思っています。

ーー書き上がったときには、その分達成感も?

水瀬:そうですね。「もう5年ぐらい作詞はいいかなぁ」って思いました……冗談ですけど(笑)。でもそう思うぐらい、歌詞に今の気持ちをすべて出しきった曲になっています。

ーー作家さんが歌詞を書かれた曲とこの曲とで、歌う際に何か違いを感じた部分はありましたか?

水瀬:普段は作詞や作曲をされている方のこだわりももちろんあるので、「ここはこういうニュアンスで歌っていただきたいです」といった皆さんからの意見も取り入れながらレコーディングしているんですけど、今回は自分で歌詞を書いた曲なので、歌へのアプローチやニュアンスもすべてが自分任せだったんです。それはある意味すごくさらけ出す感じなので恥ずかしさもあったんですけど、「ここはすごく気持ちを込めて歌いたいな」というところを自分のさじ加減で歌えたのは、すごく新鮮で……自分が歌ったものがすべて正解になるというのは、不思議な感覚でした。

ーーそのなかで、特にこだわったのは?

水瀬:とにかく楽しく歌う、ということですかね。CDに収録される曲ではあるんですけども、本当にライブ会場で歌っているような気持ちでレコーディングをやらせていただきました。

ーーそしてこの曲は、MVも撮影されました。

水瀬:「Rainbow」には“夢”という意味もあって、曲のタイトル自体“夢を掴む”という意味合いになっていますし、曲自体も応援歌というところもあって、夢を追っているみんなを全力で応援するようなMVになっています。それに常にみんながニコニコ笑って楽しそうにしているMVなので、ハッピーオーラ全開で、本当に「この先、夢を叶えるぞ!」という気持ちになる、今を生きてるっていうMVになっていると思うんです。春リリースということもあって、新しいことを始めるみんなの希望や勇気に変わるような、快活であり壮大なMVができたかなと思います。

ーードローンを使っての、ダイナミックなカットもありましたね。

水瀬:そうなんです。ドローンを使ったのも初めてだったんですけど、最後のシーンも本当に壮大なフィナーレというか、そのあともみんなのワイワイとした声が聴こえてくるような引きになっていまして。ぜひこれはライブの演出でも似たようなことをやりたいなと思っていますし、そのときはファンの皆さんにMVのときに支えてくれたたくさんの方々に代わる存在になっていただけたら、と思っています。

水瀬いのり「Catch the Rainbow!」MUSIC VIDEO

楽しさの比率を上げたい 

ーー同じように、ライブでの盛り上がりをストレートに連想できる曲が多い印象もあったのですが、その他の曲についても「Step Up!」から収録順に制作中のエピソードなどについてお聞きできますか?

水瀬:はい。まず「Step Up!」は本当にオープニングにふさわしい、「これから、始まるぞ!」っていう期待感やわくわく感、あと疾走感であったりとか、最初からエンジン全開な感じが自分としても元気をもらえる曲になっていて。でもただ突き抜けて明るいだけの曲ではなくて、その割に始まりの歌詞にはちょっと影が差しているんですよね。

ーーたしかに。イントロのコードも不協和音まではいかないんですが、ちょっと不思議な感じがします。

水瀬:そうなんです。だけど、先に進むごとにどんどんギアが上がっていくような曲になっていて、ラストに行けば行くほど私の歌の熱量もうしろで支えてくれている楽器の音量も上がっているので、走り出す勇気をくれる1曲になっています。

ーー続く「ココロはMerry-Go-Round」は、めちゃめちゃ気持ちいいディスコチューンというか。

水瀬:この曲はボーカルの重なりも多く、しかもうしろではサックスやトランペットといった金管楽器やしっかり刻まれたドラムのビートに弦楽器も入っていたりと、本当にフルコースな曲になっているんです。

ーー歌ううえで、何かチャレンジしたことはありますか?

水瀬:「シュビデュバ シュビデュバ」っていうコーラスがたくさんあったんですけど、そこは、ただこの言葉を言っていても楽しく聴こえないので、思いっきりこの曲の中の主人公になった気持ちで歌いました。あと、後奏部分はコーラスのうしろでコードが展開していって少しじんわり感動するような展開になっているので、そこの言い方を変えたりもして。逆に落ちサビはちょっと静かに歌ったりと、ハッピーな曲の中にもちょっとしたドラマチックさを入れることにこだわりました。

ーーそこからのM3「Kitty Cat Adventure」が、またすごくキュートな曲ですよね。

水瀬:そうですね。女の子をネコに置き換えて、そのネコが大好きな人の膝の上を目指す、というひとつの冒険を描いたようなとってもかわいらしい曲になっているんですけど、2番にある〈他のコと話すときは むやみに笑わないで欲しいよ〉みたいにすごくキャラクターの立った歌詞を自分の曲として歌うのも初めての経験だったんです。でもかわいく歌いすぎるとキャラクターソングっぽくなってしまうので、歌詞の意味に引っ張られないぐらいの自分の本来の歌声に、ところどころかわいらしさみたいなものをプラスするという塩梅が、とても難しかったです。

ーーこの「Adventure」というタイトルを持つ曲から「Wonder Caravan!」に繋がるのも、面白い流れですよね。

水瀬:ここはその物語性を近づけた曲を並べたほうがいいかな、と思いまして。さらにその次の「今を僕らしく生きてくために」へと繋げるのにふさわしいゾーンに「Wonder Caravan!」を置けたのは、よかったなと思ってます。

ーーその「今を僕らしく生きてくために」も、イントロから強く始まり感を感じられる曲ですが。

水瀬:この曲は最初、ボーカルひとりでステージに立って歌っているというよりかは、歌を支えてくれるパフォーマーの方がまわりにいるような映像が、すごく浮かぶ曲だなぁと思いながら聴いていたんです。それに、人間の闇の部分であったり、普段なかなか言葉にしない弱さみたいなものを描いた曲になっているので、本当に引き込まれていくような曲ができあがったなぁと思っています。ただ、それとは裏腹にめちゃくちゃ難しい曲なんです。キーもとても高いですし、早口だったり畳み掛けるところもあって。それでいてサビは伸びやかに歌うというところが、すごく難しかったです。

ーーそこからの「約束のアステリズム」は、ちょっと切なさも含んだデジタルロックで。

水瀬:この曲は、テーマとしては七夕みたいなイメージをしているんですが、この曲を書いてくださった藤永龍太郎さんとは毎回アルバムで楽曲をご一緒させていただいているんですけど、どの曲もちょっと切なさがあるロックなんです。この曲のあたりが初挑戦したエレクトロニックロックのゾーンなんですけど、そのうえで切なさの中にある疾走感であったり、がむしゃらな感じといった感情の動きを歌詞でも曲でも描いてくれていた曲なんです。Dメロのあたりにはちょっとセリフっぽく聴こえる部分もあるんですが、そこは歌う時々の感情によって歌い方が変わるんじゃないかな? と思っています。

ーーそしてkzさんから提供された、「Future Seeker」へと続きます。

水瀬:kzさんにはもう4~5年ぐらい前からキャラクターソングを何曲か作っていただいていて、その曲で作品のライブイベントに出演させていただいたりもしていたんですけど、そのなかでkzさんの作るポップでキャッチーなメロディを、自分のソロでも歌ってみたいなとずっと思っていたんです。

ーー今回はまさにkzさんド真ん中のデジタルポップになっていて、それと水瀬さんの歌声との相性のよさも率直に感じました。

水瀬:私も歌っていてとても楽しかったです。すごくポップな曲だなぁっていうのが第一印象だったんですけど、その中にかっこよくエッジを利かせてきたり、耳に残るフレーズを入れてくれるあたりは、さすだなぁと体感しまして。それに、私の楽曲には基本的には生音で演奏していただいた楽器の音が入っていることが多いので、そういう意味でもkzさんの楽曲はすごく新鮮でしたし、新しい音楽に触れることができたという心地よさも感じました。

ーーこの曲に関して、kzさんともやり取りをされたんでしょうか?

水瀬:この曲はディレクションもkzさんが自ら行ってくださったんですけど、普段の私が割と開けた曲やまっすぐな歌をうたうことが多いので、この曲のポップでリズムに乗っかる感じがうまく掴めなかったんです。そこで「自分が思ってるよりもっと崩して、めちゃくちゃニュアンスつけてかっこつけちゃっていいし、言葉の意味も自分の歌いたいように、間延びしてもいいからどんどん繋げていっちゃっていいよ」と言っていただけたんですけど、それがすごく新鮮で。自分の曲だけど自分の曲じゃないみたいで、「なんかちょっと、自分の歌声かっこいいな」って思ったりもしました(笑)。あと、実はレコーディング前にもkzさんにお会いする機会がありまして……。

ーー別の現場で。

水瀬:そうなんです。そのときは曲が上がる前で、こちらからその話はしてなかったんですけど、kzさんが怯えながら「いい曲作ってるので! すいませんすいません!」ってずっとおっしゃっていたんです(笑)。でも本当にkzさんらしい曲でありながら、ご一緒していた作品のときとも違う、私に向けた曲を書いてくださって、とてもうれしかったです。

ーーそれに続く「brave climber」は、入りこそマイナーコードですが、最後まで聴くと全然ネガティブな感じの曲ではなくて。

水瀬:そうですね。本当に、アツい曲ができたなと思っていて。夢を追うなかでの挫折や苦しみ、もがきみたいなものを乗り越えていく、きれいなところだけを映すような楽曲ではないところがすごく気に入っています。そんななかでもこの曲の主人公は、自分のことを責めはするんですけど、他人をあれこれ言ったりとかはしなくて。常に自分を奮い立たせるところからは、自分自身も勇気をもらえる1曲になったなと思います。

ーーそこから「TRUST IN ETERNITY」を挟んでからの「水彩メモリー」が、このアルバムの中でいちばん静かなバラードになりました。

水瀬:この曲は、本当に自分の好きな音楽のジャンルのド真ん中で、こういう切なさや哀愁があって、それでいて悲しさだけじゃなくて温かい涙が流れるような曲が大好きなんです。なのでそういう意味で、この楽曲は「この曲が歌えてうれしいなぁ」という気持ちが強くて、とにかく感情をたくさん込めて歌いました。

ーーそして「My Graffiti」は、聴くだけで水瀬さんをすぐ連想できるような曲になっているように感じました。

水瀬:作詞・作曲してくださった多田慎也さんとご一緒するのは2ndシングルの「harmony ribbon」以来なんですけど、多田さんが書かかれる曲は、いろいろな角度から幸せを描いているなと思っていて。その中に、ちょっとマイナスな部分とか悲しいニュアンスを入れたり、急に達観したりするところが、すごく多田さんらしいなぁと思っているんです。なので、Aメロの最初の〈これは私の 実にありふれたストーリー〉っていうフレーズから始まるところにもぐっと心を掴まれましたし、歌っているとこの主人公の気持ちに自分がどんどん寄り添えていくこともわかって。この主人公と一緒に自分は大きくなっていきたいと思える曲になっていたので、歌えば歌うほど「ここ、こう歌いたいな」っていうニュアンスが増えてきて……5分ぐらいの間に、いろいろな気持ちにさせてくれる1曲になりました。

ーーさて、アルバムのリリース後にはツアーが控えています。ツアーの開催は昨年に続いて二度目となりますが。

水瀬:はい。元々人前で何かをするというのがそんなに好きな性格ではなかったということもあって、やっぱり何年活動を続けて経験を踏んできても、ツアー初日とかライブというものに対してはどこか不安な気持ちもあるんです。でも、ステージに立って歌をうたうとその不安が全部吹き飛ぶんですよね。みんなからもらう声援だったり、ツアーで一緒に回ったバンドメンバーのみんなとの絆があったり。あとは、裏でいっぱい支えてくれているスタッフの皆さんもいてくれますし……そういう人たちと一緒に、“自分の活動をしていく”というより、まわりで支えてくれている人たちを喜ばせる活動として自分は歌っていきたいなって、ツアーをやらせていただいてすごく思ったんです。

ーーそれが、前回のツアーを通じて感じられたこと。

水瀬:そうなんです。でも、どうせやるならやっぱり自分も楽しみたいですね。去年はツアーのなかでいろいろと楽しいことも悔しいこともあったので、今年は「悔しいな」っていうポイントを減らして、その分去年よりも楽しさの比率を上げたいです。

ーーしかも今回は、ツアーファイナルが武道館2Daysです。

水瀬:そうですね。武道館って、大きさの割に最後列の皆さんとの距離がそんなに遠くないと思っている会場なので、なるべくどの席も遠さや見えづらさを感じない、一体感のあるステージにしたいなと思っています。

ーー具体的に何をするかは、まだこれから?

水瀬:まだ何も。でもまずは、アルバムの曲を聴き込んでいただければ楽しめると思うので、ぜひアルバムを聴いてツアーに遊びに来ていただけたらうれしいです。

(取材・文=須永兼次/写真=三橋優美子)

■リリース情報
『Catch the Rainbow!』
発売:2019年4月10日(水)
【初回限定盤(CD+BD)】
価格:¥3,600(税抜)
初回限定盤特典:特製BOX、別冊40Pフォトブック
封入特典:特製トレカ
【収録内容】
01. Step Up!
作詞:唐沢美帆・川崎智哉 作曲・編曲:川崎智哉
02. ココロはMerry-Go-Round
作詞:叶人 作曲・編曲:新田目 駿・廣澤優也
03. Kitty Cat Adventure
作詞:藤林聖子 作曲:本田正樹 編曲:白戸佑輔
04. Wonder Caravan!
作詞・作曲・編曲:新田目 翔
05. 今を僕らしく生きてくために
作詞・作曲・編曲:中野領太
06. 約束のアステリズム
作詞・作曲・編曲:藤永龍太郎(Elements Garden)
07. Future Seeker
作詞・作曲・編曲:kz
08. brave climber
作詞・作曲・編曲:中野領太
09. TRUST IN ETERNITY
作詞:岩里祐穂 作曲・編曲:加藤裕介
10. 水彩メモリー
作詞:磯谷佳江 作曲:松本サトシ 編曲:遠藤直弥
11. My Graffiti
作詞:多田慎也 作曲:多田慎也・島田 尚 編曲:島田 尚
12. Catch the Rainbow!
作詞:水瀬いのり 作曲:光増ハジメ 編曲:EFFY
BD
MUSIC VIDEO
01. TRUST IN ETERNITY
02. Wonder Caravan!
03. Catch the Rainbow!

【通常盤】
価格:¥3,000(税抜)
初回封入特典:特製トレカ
【収録内容】
01. Step Up!
作詞:唐沢美帆・川崎智哉 作曲・編曲:川崎智哉
02. ココロはMerry-Go-Round
作詞:叶人 作曲・編曲:新田目 駿・廣澤優也
03. Kitty Cat Adventure
作詞:藤林聖子 作曲:本田正樹 編曲:白戸佑輔
04. Wonder Caravan!
作詞・作曲・編曲:新田目 翔
05. 今を僕らしく生きてくために
作詞・作曲・編曲:中野領太
06. 約束のアステリズム
作詞・作曲・編曲:藤永龍太郎(Elements Garden)
07. Future Seeker
作詞・作曲・編曲:kz
08. brave climber
作詞・作曲・編曲:中野領太
09. TRUST IN ETERNITY
作詞:岩里祐穂 作曲・編曲:加藤裕介
10. 水彩メモリー
作詞:磯谷佳江 作曲:松本サトシ 編曲:遠藤直弥
11. My Graffiti
作詞:多田慎也 作曲:多田慎也・島田 尚 編曲:島田 尚
12. Catch the Rainbow!
作詞:水瀬いのり 作曲:光増ハジメ 編曲:EFFY

■ライブ情報
『animelo mix presents
Inori Minase LIVE TOUR 2019 Catch the Rainbow!』
6月16日(日) 大阪 グランキューブ大阪 メインホール
6月23日(日) 愛知 日本特殊陶業 市民会館 フォレストホール
6月28日(金) 東京 日本武道館
6月29日(土) 東京 日本武道館

オフィシャルサイト

アプリで読む