Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

浦沢直樹、荒木飛呂彦、蜷川実花、山口晃らが東京オリパラ公式ポスター制作

CINRA.NET

19/7/31(水) 12:20

東京2020オリンピック・パラリンピックの公式アートポスターを制作するアーティストが発表された。

同ポスターは、国内外のアーティストがオリンピックまたはパラリンピックをテーマにして制作した作品を公式ポスターとして機運醸成に活用していくもの。ポスターを手掛けるアーティストは、「アーティスト選定委員会」を設置し、オリンピック文化遺産財団と共に議論を重ねて決まった。

オリンピックをテーマとする作品の制作陣は、浦沢直樹、大竹伸朗、大原大次郎、金澤翔子、鴻池朋子、佐藤卓、野老朝雄、ホンマタカシ、テセウス・チャン、ヴィヴィアン・サッセン、フィリップ・ワイズベッカー。

パラリンピックをテーマとする作品の制作陣には、荒木飛呂彦、柿沼康二、GOO CHOKI PAR、新木友行、野老朝雄、蜷川実花、森千裕、山口晃が名を連ねる。

アーティスト選定委員会のメンバーは多摩美術大学理事長、山梨県立美術館館長で東京2020文化・教育委員会委員長の青柳正規をはじめ、東京藝術大学大学美術館館長、練馬区立美術館館長の秋元雄史、環境デザイナーの今井すみこ、アトリエ インカーブのクリエイティブディレクター・今中博之、『美術手帖』編集長の岩渕貞哉、写真家の織作峰子、デザインジャーナリストの川上典李子、建築家の田根剛、森美術館館長の南條史生、東京都現代美術館学芸員の藪前知子。

アプリで読む