Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46メンバーの男装姿に生駒里奈が興奮 「こういうのを頭の中で妄想していた」

リアルサウンド

14/11/18(火) 10:00

 乃木坂46が体を張ったバラエティ企画に挑戦する番組『NOGIBINGO!3』(日本テレビ系)。11月18日分では、乃木坂46メンバーが男装を披露する企画が放送された。

 同番組は、乃木坂46が公式ライバルグループ・AKB48も経験してきた企画を、より体を張ったものにアレンジして挑戦する番組の最新作。「弱点克服」をテーマとし、メンバーの“生態”を知るクイズ、ロケ、胸キュン企画や、エンディングコーナー「NOGI ROOM~乃木坂46がパジャマで女子トーク~」などの新企画も加えたもの。

 「乃木の塚歌劇団」と名付けられた今回の企画では、元タカラジェンヌの紫吹淳をゲストに迎え、白石麻衣、橋本奈々未、若月佑美、桜井玲香、斎藤ちはる、斉藤優里、川後陽菜、川村真洋の8人が男装し、その出来栄えを競った。

 冒頭では「イケメン発声講座」として、メンバーが“自分が言われたらキュンとする言葉”を述べることに挑戦。川村が「お前が世界で一番美しいよ」、白石が「お前には俺が居ないとダメだな」とそれぞれ語るも、紫吹から「低い声が出ていない、男性にしかない重いものがぶら下がっているような感覚で」とアドバイスされた。川村はすぐにそれを実践。「こうやればいいんですよ」とジェスチャーをするが、MCのイジリー岡田から「俺が止めるような下ネタはやめてくれ」と注意を受けた。

 続いて「シチュエーションバトルレース」として、生駒里奈、中田花奈と紫吹の3人を審査員に迎え、オフィスを舞台に白石、斎藤、川後、若月が演技を繰り広げた。まず中元日芽香を後輩役とした場面では、白石が中元に後ろから抱きつき「俺、これ以上自分の気持ちに嘘は付けない。好きだ」と決め台詞を囁いた。生駒と中田からは「素敵」という札が上がるも、紫吹は「帽子を取って、手に持ったままが良かった」とリクエスト。白石が実践すると生駒は「こういうのを頭の中で妄想していた」と大興奮した。2番手の川後は「君をプロデュースさせてくれ」という決め台詞を言うものの、噛んでしまい0ポイントになってしまった。

 続いて、生田絵梨花を上司役にした場面で、若月は「遅れてすいません。朝は弱いんだ。そうだ絵梨花、毎朝起こしてくれないか」と壁ドン。しかしあまりの勢いに紫吹が「壁ドンまでの行動が犯罪っぽい」と語ると、宝塚好きの寺田蘭世からは「宝塚は清く正しく美しくなので、清楚さが欲しかった」とダメ出しを受けてしまった。続くドジなOL役の秋元を助けるというシチュエーションでは、斎藤ちはるが「ドジだなあ。それじゃ一人前になれねーぞ。でも、そんなところもカワイイんだけどな」と演技すると、他のメンバーから黄色い声援が上がった。生駒は「腕まくり、良かった。タイプです」と片言のように語ると、紫吹からも「角度を変えたらホストっぽく見える。でもカッコ良かった」と絶賛された。

 2番目のバーを舞台にしたシチュエーションでは、待ちぼうけで怒る伊藤かりんを相手役に、橋本が「君に似合う花を探していたらこんな時間になってしまった。世界一美しい花に似合う花なんてあるわけないのに」と演技を披露し、紫吹から「芝居がナチュラルで良かった」と満点の評価を受けた。続いて振られてしまった女性役の樋口日奈を相手役に川村が演技するも、面白さが勝ってしまい、0ポイントに。桜井は「何があったか知らないけど、俺が全部忘れさせてやるよ」と決め台詞を述べ、生駒と中田は高評価だったが、紫吹は「あまりに唐突過ぎる」とダメ出しをした。

 ラストは斉藤優里が、井上小百合を相手役に、悪い輩を演じる能條愛未を追い払う演技を披露。しかし能條の強烈なキャラに、紫吹が「悪い輩が強烈すぎて…」と爆笑してしまい満点とはならなかった。能條は演技終了後、紫吹の大ファンであることを「出待ちもしてたくらいファンです」と興奮しながら明かし、最後には「後でツーショット撮ってください」と懇願。イジリーから「素人じゃねーか!」とツッコまれ、番組が終了した。

 そのほか、メンバーがパジャマ姿でオンエアを振り返る「NOGIROOM」のコーナーでは、白石、橋本、中元、若月、伊藤万理華がキムチ鍋を囲んで可愛い仕草を披露した今回の放送。インターネット動画配信サービス・huluでは本放送ではオンエアされていない「NOGIROOM」の完全版として、橋本が闘病生活を語った様子を見ることが可能だ。次回は同番組の人気企画「妄想リクエスト」が放送される予定だ。

(文=向原康太)

アプリで読む