Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「さらに『さらざんまい』~愛と欲望のステージ~」より。

「さらざんまい」“サラっと”開幕、木津つばさ「僕たちがカッパになります」

ナタリー

19/11/28(木) 14:00

「さらに『さらざんまい』~愛と欲望のステージ~」が、本日11月28日に東京・シアター1010で開幕。初日に先駆け昨日、公開ゲネプロと囲み取材が行われた。なお本公演には舞台写真を多数掲載しているため、ネタバレを避けたい読者は注意してほしい。

「さらざんまい」は、今年4月から6月にかけてフジテレビ・ノイタミナほかで放送された幾原邦彦監督のアニメ作品。舞台版は伊勢直弘が脚本・演出を手がけ、幾原がスーパーバイザーとして参加している。

作中では浅草を舞台に、謎のカッパ型生命体・ケッピに尻子玉を奪われ、カッパに変身させられてしまった中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人を中心に物語が展開。彼らは「元の姿に戻りたければ“ある方法”でつながり、ゾンビの尻子玉を持ってこい」とケッピに告げられ……。舞台ではアニメのストーリーを、約2時間15分に凝縮。“カパゾンビ”の登場シーンではアニメの映像も使用された。

囲み取材には出演者たちが出席。矢逆一稀役の木津つばさは、本作にさまざまなキャラクターが登場することに触れながら「皆さんは特にケッピがどうなるのか気になると思いますが(笑)、見どころいっぱいなのでいろんなところに注目して」とメッセージを送り、続く久慈悠役の設楽銀河も「1人ひとりが誰かのために全力になっている作品です」と話す。「原作の魅力が2時間に詰まっている」と言う陣内燕太役の野口準は、「演じる僕たち自身も急展開に驚くことが多々あったんですが、それさえも気持ちいい。『さらざんまい』の舞台版として、いい形に行き着いたと思います」と自信をのぞかせた。

新星玲央役の中村太郎は「初めは、演劇としてどうなるのかわからなかった」と明かしつつ、「皆さんのお力もあり、自分が玲央としてどう生きるか考えられた」と手応えを語る。“レオマブ”として、玲央役の中村とコンビを組む阿久津真武役の高本学は「助け合いながら熱量を持って駆け抜けてきた。本番中にもみんながいろいろと発見し、成長できる作品だと思います」と気合十分に述べた。

ネタバレにならない範囲で見どころのアピールを求められると、木津は悩みながらも「僕たちがカッパになります。映像ではなく、僕たちがしっかりとカッパにならせていただきます」と答え、中村も「大体30秒のうちに、がんばってカッパになります(笑)」と続ける。また高本は玲央と真武の関係性を挙げ、「原作を知らず舞台を観てくださる方にも2人の関係をわかってもらえるような作り方を、(中村と)2人で考えてきました」と期待を煽った。

アニメ「さらざんまい」には、一風変わったシーンやポーズが数多く登場する。出演者はポーズの再現に苦労したと言い、設楽は「どうしてあんな形になれるのか……」、木津も「手がつりそうになります。足もプルプルしてる」と口々に話す。中村が作品の世界観を表現するにあたり映像に助けられたと話すと、高本も「みんなでポーズを研究し、改良してきたので、原作に近付けているのでは。アニメの難しかったところも、伊勢さんの演出でわかりやすくお届けできると思います」とコメントした。

東京公演は12月1日まで行われ、12月7・8日には大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールでも上演される。なおアニプレックスの公式YouTubeチャンネルでは、キャストによる「さらざんまいのうた」「カワウソイヤァ」振付レクチャー動画を公開中だ。

「さらに『さらざんまい』~愛と欲望のステージ~」

2019年11月28日(木)~12月1日(日)
東京都 シアター1010

2019年12月7日(土)・8日(日)
大阪府 COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

原作:イクニラッパー / シリコマンダーズ
スーパーバイザー:幾原邦彦
脚本・演出:伊勢直弘

キャスト

矢逆一稀:木津つばさ
久慈悠:設楽銀河
陣内燕太:野口準

新星玲央:中村太郎
阿久津真武:高本学

矢逆春河:深澤大河
久慈誓:横井翔二郎
吾妻サラ:帝子
ケッピ:一内侑

アンサンブル:天野佑、伊東桃矢、高岡大地、原田将司

※高岡大地の「高」ははしご高が正式表記。

(c)イクニラッパー/シリコマンダーズ (c)舞台「さらざんまい」製作委員会

アプリで読む