Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

ピーター・ジャクソンが100年前の戦争記録映像を再構築『彼らは生きていた』

CINRA.NET

19/12/12(木) 8:00

映画『彼らは生きていた』が1月25日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。ポスタービジュアルが公開されている。

『彼らは生きていた』は、『ロード・オブ・ザ・リング』などで知られるピーター・ジャクソン監督による最新作。第一次世界大戦の終戦から約100年を迎えたことを記念して、イギリスで行なわれた芸術プログラム「14-18 NOW」と帝国戦争博物館の共同制作のもと、帝国戦争博物館に保存されている記録映像を再構築したドキュメンタリーだ。

ピーター・ジャクソンは、2200時間以上あるモノクロ、無音、経年劣化が激しく不鮮明だった約100年前の記録映像を修復するべく400人以上のアーティストを動員。修復、着色、3D化という3段階の作業が行なわれたほか、バラバラのスピードで撮影されていた映像を現代の24フレームに修正するべく、足りないフレームを作成するなど、これまでにない最新のデジタル技術が施されたという。大戦当時は録音技術がなかったため、英BBCが所有していた600時間以上ある退役軍人たちのインタビュー音声や、兵士たちが話す口の動きを読唇術のプロが解析し、言葉や効果音を追加している。

本編では、戦車の突撃や爆撃の様子、塹壕から飛び出す歩兵たちの戦場風景のほか、落ち着いた表情で食事や休息を取る軍人たちの日常の様子などが映し出される。ピーター・ジャクソンは、自身で完成作を鑑賞して「フィルム上の人々の人間性に心が打たれた。復元は、実際にそこにいた人たちの人間性を引き出すんだ。この映画がこの人々を再び僕たちの生活の中に連れ戻すと実感したんだ」とコメントを寄せている。

アプリで読む