Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

東京破壊orたった1つの恋「真夜中乙女戦争」永瀬廉、池田エライザ、柄本佑が究極の選択

ナタリー

「真夜中乙女戦争」完成披露試写会の様子。左から二宮健、池田エライザ、永瀬廉、柄本佑。

「真夜中乙女戦争」の完成披露試写会が12月13日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催され、キャストの永瀬廉(King & Prince)、池田エライザ、柄本佑、監督の二宮健が出席した。

Fの小説をもとにした本作では、永瀬扮する無気力な大学生“私”が、“真夜中乙女戦争=東京破壊計画”に着手する様子が切り取られる。“私”が密かに恋心を抱く“先輩”を池田、騒動を首謀する謎の男“黒服”を柄本が演じた。

劇中では“私”の退屈だった日常が、“先輩”や“黒服”の影響によって少しずつ変化していく。それにちなんで自らに影響を与えた存在について聞かれると、永瀬は「僕の人生自体を変えてくれたのは、ジャニー喜多川氏です」と答え、「僕を中学1年生で見つけてくださって、最後までお仕事に呼んでいただいて、仕事へのやりがいを見つけることができました。たくさん感謝もしていますし、尊敬の気持ちがあります」と感謝を伝える。池田は事務所に所属した中学1年生の頃を振り返って「ノウハウを教えてくださって成長を促してくださる方に出会えた」と感慨深げに話し、柄本は「たくさんいらっしゃるのですが、一番は妻との出会い。お互いに大きい選択をして、いい影響を与え合えていると実感があります」と照れながら語った。

本作のクライマックスでは、“私”が「東京破壊計画」「たった1つの恋」のどちらかしか選べない状況に陥る。同じ質問をぶつけられた永瀬は「恋です」と即答し、池田は「“東京破壊”はよくないですからね……恋じゃないですか?」とつぶやく。柄本も「破壊はちょっと……(笑)」と“恋”を選択した。

最後に二宮は「この時代にこの作品を公開できることに意義を感じています。観終わったあとにいっぱい話したくなると思うので、 ぜひいっぱいお話してください! ちょっとでも心が軽くなったり、勇気が宿ることを祈っています」とコメント。永瀬は「全身全霊で作った作品なので、映画を観て感じたことをぜひ共有してほしいですし、ぜひお力添えいただけるとうれしいです!」と観客にメッセージを送り、イベントを締めた。

「真夜中乙女戦争」は1月21日より全国ロードショー。

(c)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

アプリで読む