Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

cinema staff、初ベスト盤9月リリース 全国ツアー&ホールワンマンも

CINRA.NET

19/7/22(月) 12:45

cinema staffのベストアルバム『BEST OF THE SUPER CINEMA 2008-2011/2012-2019』が、9月18日にリリース。あわせて全国ツアー『BEST OF THE SUPER CINEMA JAPAN TOUR』とホールワンマンライブの開催が発表された。

7月21日に神奈川・横浜のF.A.Dで全国ツアー『cinema staff “Name of Love” RELEASE ONE-MAN TOUR ~RE: land=ocean~』の最終公演を行なったcinema staff。アルバムのリリース、ツアーおよびワンマンライブの開催は、同公演中に発表された。

cinema staffにとって初のベストアルバムとなる『BEST OF THE SUPER CINEMA 2008-2011/2012-2019』は2枚組CDとなり、リマスタリングされた全36曲を収録。インディーズ時代の楽曲やメジャーデビュー以降の楽曲に加えて、同作のためにレコーディングされた新曲2曲が並ぶ。新曲“斜陽”は高橋國光(ex.the cabs、österreich)との共同制作。

また、アルバムの先着購入特典として飯田瑞規のソロ作品『眩暈』が付属することも発表。詳細はcinema staffのオフィシャルサイトで確認しよう。

全国ワンマンツアー『BEST OF THE SUPER CINEMA JAPAN TOUR』は全10公演を実施。11月4日の千葉・LOOK公演を皮切りに、11月9日に大阪・梅田CLUB QUATTRO、11月16日に東京・渋谷CLUB QUATTRO、11月22日に北海道・札幌のSound Lab mole、12月8日に福岡・Queblick、12月15日に埼玉・西川口のHearts、2020年1月11日に兵庫・神戸のART HOUSE、1月13日に香川・高松のDIME、1月18日に宮城・仙台のMACANA、1月31日に愛知・名古屋CLUB QUATTROでライブを行なう。チケットのオフィシャル先行予約は8月4日まで受付中。

さらに、『two strike to(2) night ~覚醒の三茶編~』と題されたホールワンマンライブを2020年年3月28日に東京・三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂で行なう。チケットのオフィシャル先行予約は8月10日まで受付中。購入者にはDVDが贈られる。

アプリで読む