Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「サヨナラまでの30分」参加アーティスト。左上から時計回りに内澤崇仁(androp)、雨のパレード、odol、mol-74、Michael Kaneko、Ghost like girlfriend。

新田真剣佑×北村匠海「サヨナラまでの30分」6組の参加アーティスト解禁

ナタリー

19/11/28(木) 18:00

新田真剣佑と北村匠海(DISH//)のダブル主演作「サヨナラまでの30分」にオリジナル楽曲を提供したアーティストが明らかに。内澤崇仁(androp)、雨のパレード、odol、Ghost like girlfriend、Michael Kaneko、mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)が参加している。

本作は、1年前に死んだミュージシャンのアキと人付き合いが苦手な大学生・颯太を中心にした青春音楽ラブストーリー。あるカセットテープが再生される30分間だけ颯太の体を借りられるアキが、メジャーデビュー目前で解散した自身のバンド・ECHOLL(エコール)の再結成に奔走するさまが描かれる。

バンド名のECHOLLは「Echo(エコー)」と「Encore(アンコール)」を掛け合わせた造語。音楽プロデューサーとして関わることが発表されていた内澤は、ECHOLL全体のプロデュースや楽曲のアレンジも担った。ECHOLLの楽曲としては全6曲のオリジナル劇中歌が用意され、内澤が「風と星」、雨のパレードが「もう二度と」、odolが「瞬間」、Ghost like girlfriendが「stand by me」、Michael Kanekoが「真昼の星座」、mol-74が「目を覚ましてよ」を提供している。それぞれのコメントは下記の通り。

「サヨナラまでの30分」は2020年1月24日より全国ロードショー。

内澤崇仁(androp) コメント

これまでに映画やドラマの主題歌などの楽曲を担当することはありましたが、今回のような依頼──色々なバンドから楽曲を募って、それを劇中のバンド「ECHOLL」の曲にアレンジする役割や「ECHOLL」全体をプロデュースするというのは初めての挑戦でしたが、すごくワクワクしました。新田さんと北村さんの素の要素がキャラクターに反映されて徐々に脚本が膨らんでいったので、各バンドの皆さんから上がってきた曲をどうアレンジするのかイメージしやすかったです。映画のキャラクターと一緒で、音楽における新田さんと北村さんも声質など正反対なのですがそれも魅力です。アキのいたバンドが、颯太が加わることで前に進んでいく、新しく変わっていく、そんなメッセージを込めたバンドにしたいと意識しました。

雨のパレード コメント

僕はこの映画で新田さんが演じるアキが想いを寄せている女性カナへ向けて贈っていた曲を書かせて頂きました。劇中ではこの曲の演奏シーンでアキ、颯太、カナの主要の3人の心が動く大事なシーンです。楽曲を書き下ろすに当たってアキに真摯に向き合ってキャラクターへの理解を深め、真っ直ぐで純粋で自分と仲間のことを心から信じることが出来るアキは僕自身と通ずる点がいくつかあり、かなり苦労はしましたが本物のアキが書いた様な楽曲になったと思います。颯太役で出演してる匠海は彼が高校生の頃から交流があったので自分の書いた曲をスクリーンの中で匠海が歌ってるのはすごく不思議な感覚でした(笑)。僕はつまらないものにはつまらないと言っちゃうタイプなのですが完成した映画を観て心から感動し、こんな素敵な作品に関わらさせてもらえたことを本当に誇らしく思いました。この映画を観てバンド始めたいと思う子が出てきたら、それってとても嬉しいことですよね。

odol コメント

1年前の最初の打ち合わせから、撮影やレコーディングなど何度も現場にお邪魔させていただきましたが、その全ての空間がポジティブな空気に溢れていました。そんな中に、僕たちも身を置くことが出来て本当に幸せでした。初号試写の際、この1年間と約2時間分の素晴らしい時間を背負って僕たちの音楽が深く大きくなっているのを感じました。オープニングとエンドロール(そしてアキと颯太の奇跡の共演!)という、とても大切な役割を担えたことを光栄に思います。ありがとうございました。

Ghost like girlfriend コメント

この度「サヨナラまでの30分」に楽曲を提供させて頂きました。余所行きの楽曲を書く事、つまりは楽曲提供というのが人生初めてで、お話を頂いては緊張し、台本を読んでは緊張し、データを送る際にも緊張してと沢山手に汗を握りましたが、その甲斐あってか素敵な楽曲を書かせてもらう事が出来ました。先日の試写会では自分が参加させてもらっている事を途中から完全に忘れて魅入っていました。映画そのものは勿論の事、流れる楽曲、キャストさんやスタッフさんも、何もかもが素敵な作品ですので、色んな部分を味わいながら是非ご覧下さい!

Michael Kaneko コメント

映画の一番のクライマックスシーンの曲を書かせていただきました。自分のルーツでもある洋楽っぽさを残しつつ、日本のバンドが演奏しているシーンをイメージして、感動的でもあり、フェスで盛り上がりそうな曲を意識して作りました。音楽がテーマの映画に参加できたということだけでなく、大事なシーンに自分の曲を使って貰えたことは本当に光栄です。

mol-74 コメント

アキ、颯太たちのバンド「ECHOLL」の楽曲を制作させて頂きましたmol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)です。僕たちにとって劇中バンドの楽曲を制作することは初めてで緊張感がありましたが、アキや颯太、そしてバンドが抱える問題や葛藤は僕たちもバンド活動していく中でどこか味わったことのあるもので、自然と曲ができました。そんな僕たちの楽曲が「ECHOLL」の楽曲として歌われ、奏でられ、そして劇場で多くの方に届くことを楽しみにしています。

(c)2020『サヨナラまでの30分』製作委員会

アプリで読む