Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

KEYTALK、新曲「DROP2」がMBSドラマ特区『カフカの東京絶望日記』エンディングテーマに

リアルサウンド

19/9/4(水) 12:50

 KEYTALKが新曲「DROP2」でMBSドラマ特区『カフカの東京絶望日記』9月12日より毎週木曜24時59分より放送)のエンディングテーマを担当する。

(関連:BLUE ENCOUNTとKEYTALKが築いてきた信頼関係 お互いの楽曲もカバーした『ANN』を聞いて

 同ドラマは、『変身』『審判』などで知られる小説家フランツ・カフカが、現代の東京で生活しあらゆる事象に絶望する、摩訶不思議な新感覚コメディ。『刀剣乱舞』シリーズ、アニメ・舞台『どろろ』などで活躍する人気俳優の鈴木拡樹がフランツ・カフカ役に体当たりで挑み、今年4月よりYouTubeで第1話(前編・後編)が無料配信され注目を集めていた。

 エンディングテーマとなる新曲「DROP2」は、軽快なサウンドと哀愁漂う歌詞のコントラストが、絶望を極めることで周囲が希望を感じる本作のギミックとリンクする1曲。

 KEYTALKは、8月の4週連続配信シングルリリースを経て、11月6日には6枚目となるオリジナルアルバムを発売。さらに、アルバムを携えた全国ワンマンツアーを開催する。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む