Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「帰郷」

仲代達矢が主演務めた8K時代劇「帰郷」、フランスの映像見本市mipcomに出品

ナタリー

19/8/28(水) 5:00

時代劇専門チャンネルがオリジナル時代劇第20弾として製作した、史上初の8K時代劇「帰郷」。本作が、フランス・カンヌで10月に開催される映像コンテンツ見本市・mipcomでワールドプレミア上映されることがわかった。

藤沢周平の小説「帰郷」をもとにした本作は、30年を経て故郷・木曾福島に帰ってきた主人公・宇之吉の物語。宇之吉役の仲代達矢のほか、常盤貴子、北村一輝、緒形直人、谷田歩、佐藤二朗、田中美里、前田亜季、三田佳子、橋爪功、中村敦夫が出演した。監督を務めたのは「果し合い」の杉田成道。杉田と小林政広が共同で脚本を手がけた。

毎年10月に開催されるmipcomは、世界110カ国から参加者が集まる祭典。「帰郷」は、8Kの映像美をもって“自然と人々の共存”、人間の“死生観”を浮かび上がらせた点が評価され、このたびの上映が決定した。上映はフランス現地時間10月15日に行われ、レッドカーペットには常盤と佐藤が登場。世界のメディアを前に8K時代劇の見どころを語る。

(c)「帰郷」時代劇パートナーズ

アプリで読む