Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ピチカート・ファイヴ、鬱屈した時代にこそ改めて評価されるべき名曲 「スウィート・ソウル・レヴュー」が映し出す90年代の風景

リアルサウンド

19/11/16(土) 12:00

 今となってはもはや伝説ともいえるピチカート・ファイヴ。渋谷系を代表するアーティストであり、ダンサブルでファッショナブルなポップとして日本のみならず世界中で熱狂的なファンがいることでも知られている。1985年にデビューし2001年に解散するまで、メンバーも編成も大きく変化したグループなので、彼らの代表曲を挙げるのはなかなか難しい。ただ、数ある名曲のなかでも、「スウィート・ソウル・レヴュー」は筆頭といってもいいだろう。

PIZZICATO FIVE / スウィート・ソウル・レヴュー

 この曲を代表曲に挙げる理由としては、それまで音楽シーンではマニアックな位置付けだった彼らが、初めてお茶の間ヒットを狙いにいったということ。ピチカート・ファイヴは様々な変遷を経て、1990年に野宮真貴が三代目ボーカリストとなった。そして、小西康陽、高浪慶太郎との3人体制でCBSソニーから日本コロムビアに移籍している。移籍当初はオリジナルアルバムのほか、ミニアルバムやドラマのサントラなどを精力的にリリースしていたが、1993年4月7日に満を持して移籍後初のシングルとして発表したのが「スウィート・ソウル・レヴュー」だった。

 この曲が発表された当時の1993年は、バブル景気を微妙に引きずっていた頃だ。まだジュリアナ東京がナイトシーンの中心だったし、CDシングルもテレビドラマの主題歌やCMソングとして多数消費され、何曲ものミリオンヒットが生まれた音楽バブル期でもある。その真っ只中で渋谷系アーティストも巻き込まれ、ピチカート・ファイヴにもカネボウ化粧品のCMタイアップの話が舞い込んだ。そして、クライアントとの打ち合わせに行った小西康陽は、“レヴュー”と“頬ずり”という言葉を歌詞に入れ込んでほしいと依頼されたことを受け、自然と「スウィート・ソウル・レヴュー」が形作られていったのだという。

 「スウィート・ソウル・レヴュー」は、誰が聴いても屈託のないハッピーなナンバーだと感じるだろう。60年代のダイアナ・ロス&シュープリームスに代表されるモータウンサウンドにインスパイアされたグルーヴィーなビートに乗せて、ホーンが高らかに鳴り、ソウルフルなコーラスが華を添える。その上で、野宮真貴のストレートな歌声が聞こえてくる。どこを切り取っても古くならない良質なポップスに仕上がっているし、今の時代に初めて聴いたとしても、溌剌とした雰囲気は新鮮に感じられるだろう。歌詞に〈ベイビー 街はいつもパレード〉や〈世の中にはハッピーやラッキーがいっぱいあるよね〉とあるように、どこか躁状態だった90年代初頭の日本を描いたようにも見える。

 だから、一聴するととても陽気な楽曲に聴こえるかもしれない。でも、歌詞を深く読み込むと、実はそれだけでないと気付かされてしまう。それは、ラスト近くに〈神様 パレードに雨なんて降らせないで〉や〈世の中にハッピーもラッキーも全然なくても〉という少しネガティブなキーワードをこっそり埋め込んであること。このあたりは小西ならではのテクニックだが、楽曲そのものはひたすら明るくアッパーな気分のまま終わり、絶対に陰の部分を感じさせない。ピチカート・ファイヴの楽曲、もしくは小西の楽曲には都会の孤独や焦燥、虚無感などが浮き彫りになっているものが多い。しかし、「スウィート・ソウル・レヴュー」はCMタイアップということもあり、きっとそのテイストは封印したのだろう。それでもこうやってにじみ出てしまうのが、ピチカート・ファイヴの強みであり、弱点だったのかもしれない。

 結果的に「スウィート・ソウル・レヴュー」は、「ベイビィ・ポータブル・ロック」と並んで彼らのシングルで最も売れた一曲となった。しかし、この曲の認知度は高いし、その後の渋谷系アーティストにとって指標のひとつになったことを考えると、非常に重要な一曲であることは間違いない。また、昨今注目の“渋谷系リバイバル”と呼ばれている、LUCKY TAPESやフレンズといったアーティストのソウル風の楽曲には、少なからずこの曲のDNAが埋め込まれているのではないだろうか。

 今、「スウィート・ソウル・レヴュー」を聴くと、キラキラと輝いていた渋谷系の時代を体感していた人たちにとっては少し面映いかもしれない。確かに、パレードは雨に降られてしまったし、世の中にハッピーもラッキーも全然ないと感じる昨今だ。しかし、音楽シーンにおいては渋谷系は再注目されているし、ピチカート・ファイヴのカバーをするアーティストも増えている。そういった流れでいえば「スウィート・ソウル・レヴュー」は、こんな鬱屈した時代にこそあらめて評価され、愛されるべき名曲なのかもしれない。

■栗本 斉
旅&音楽ライターとして活躍するかたわら、選曲家やDJ、ビルボードライブのブッキング・プランナーとしても活躍。著書に『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)、共著に『Light Mellow 和モノ Special -more 160 item-』(ラトルズ)がある。
Blog
Twitter
Facebook

ピチカート・ファイヴ特設サイト
ミュージックビデオ
楽曲配信

『THE BAND OF 20TH CENTURY:Nippon Columbia Years 1991-2001』

■リリース情報
『THE BAND OF 20TH CENTURY:Nippon Columbia Years 1991-2001』
7inch BOX:発売中
16枚組(数量限定メンバー直筆サイン入り生写真封入)¥25,000+税 
2枚組(CD)¥3,200+税 

<特典情報>
・早期予約特典(7 inch BOXのみ対象)
ボーナスディスク(アナログ盤7inch)
収録曲:ベイビィ・ポータブル・ロック(宇宙組曲ヴァージョン)、東京は夜の七時(Studio Live)
※予約受付終了

・店頭特典(CDのみ対象)
TOWER RECORDS限定ステッカー
HMV限定ポストカード
Amazon限定デカジャケ

■Tシャツ発売情報
「ピチカート・ファイヴ Tシャツ(1994年ツアーTシャツ復刻)」
¥3,500+税
サイズ:S/M/L
詳細はこちら

■ライブ情報
野宮真貴 ソロ ライヴツアー「野宮真貴、ピチカート・ファイヴを歌う。」

<メンバー>
音楽監督 中塚 武
工藤 明(Dr)
笹井BJ克彦(Bass)
石垣健太郎(Gtr)

2019年11月26日(火)ビルボードライブ大阪
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30
予約・問い合わせ:ビルボードライブ大阪 06-6342-7722
詳細はこちら

2019年11月27日(水)名古屋ブルーノート
1stステージ 開場17:00 開演18:00
2ndステージ 開場20:00 開演20:45
予約・お問い合わせ:名古屋ブルーノート 052-961-6311

2019年12月4日(水)
12月5日(木)
ビルボードライブ東京
1stステージ 開場17:30 開演18:30
2ndステージ 開場20:30 開演21:30
予約・問い合わせ:ビルボードライブ東京 03-3405-1133
詳細はこちら

ピチカート・ファイヴ 公式サイト

アプリで読む