Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「利賀演劇人コンクール2018」で上演された「弱法師」の様子。(提供:「利賀演劇人コンクール2018」)

鳥の劇場、滞在アーティストの福永武史が「弱法師」を演出

ナタリー

19/7/3(水) 19:27

若手演劇人滞在制作発表公演「弱法師」が、7月7日に鳥取・鳥の劇場 スタジオで上演される。

これは、鳥の劇場が行う若手演劇人研修事業の一環として実施される公演。今回は、三島由紀夫の「近代能楽集」より「弱法師」を、滞在アーティストの福永武史が演出する。

「利賀演劇人コンクール2018」で「弱法師」を演出し、優秀演出家賞を受賞した福永は、「太平洋戦争時、過酷な地上戦を強いられた傷跡は教育という形で我々の身体に見事なまでに刻み込まれている。そしてこのまざまざとした現実を虚構の世界や物語が易々と超える可能性は限りなくゼロに近い。ゆえに挑戦する」と意気込みを語った。なお発表公演は入場無料となっている。

若手演劇人滞在制作発表公演「弱法師」

2019年7月7日(日)14:00~
鳥取県 鳥の劇場 スタジオ

作:三島由紀夫
演出:福永武史
出演:福永武史、仲嶺雄作、山内千草、上門みき、山本舞子、三宅唯尊

アプリで読む