Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『孤独と連帯』ビジュアル

大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催

CINRA.NET

19/11/8(金) 18:30

展覧会『孤独と連帯』が、11月9日から東京・大島のプライベイトで開催される。

同展は3組の現代美術作家が「連帯」をキーワードに、個の時代において連帯の在り方はどのように変化するのかなど、連帯が持つ様々な側面に注目し、その本質的価値を再検討する展示になっているという。

参加作家は『CAF賞2018』に入選し、never young beachのフライヤーやクリープハイプのグッズデザインを手がける大西晃生、東京・平井の「平井の本棚」で昨年開催された『新訳 1989-』などに参加し、武蔵野美術大学に在学中のたなかかなめ、『土曜会』『ドリル』などのアートプロジェクトを手掛けるカワムラシュウイチの3組。また「テキスト参加」として批評誌『アーギュメンツ』の発行人を務める岡田真太郎が参加する。

11月9日にレセプションを、11月23日にトークイベントを開催。詳細はプライベイトのオフィシャルサイトをチェックしよう。

アプリで読む