Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「死霊魂」

王兵による8時間超えの大作「死霊魂」公開、山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞

ナタリー

19/11/19(火) 17:52

ワン・ビン(王兵)が監督したドキュメンタリー「死霊魂」が2020年4月より公開される。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019において、インターナショナル・コンペティション部門の大賞となるロバート&フランシス・フラハティ賞と、観客賞にあたる市民賞に輝いた本作。8時間15分に及ぶ「死霊魂」では、中国共産党の反右派闘争で粛清されゴビ砂漠の再教育収容所に送られた人々の体験が証言集としてつづられた。ワン・ビンが2007年に製作した「鳳鳴(フォンミン)-中国の記憶」や、2010年作の劇映画「無言歌」と同じテーマを扱った作品となっている。

「死霊魂」は東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開。

アプリで読む