Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

キアヌ・リーブスがロシアンマフィアと駆け引き 『ブルー・ダイヤモンド』予告編&ポスター公開

リアルサウンド

19/5/8(水) 18:00

 キアヌ・リーブス主演映画 『ブルー・ダイヤモンド』の公開日が8月30日に決定し、あわせて日本版予告編とポスタービジュアルが公開された。

参考:動画はこちらから

 『マトリックス』シリーズや『ジョン・ウィック』シリーズなどのリーブスが本作で演じるのは、ダイヤモンドを売りさばくアメリカ人宝石ディーラー。希少なブルー・ダイヤモンドを求めて、神秘的なロシア・シベリアの地で繰り広げられるロシアンマフィアとの危険な駆け引き、また自らの身に危険が迫るなか、燃え上がる刹那の恋が描かれていく。さらに本作では、リーブスが流暢なロシア語を披露する。

 監督は、『Frank & Lola(原題)』のマシュー・ロス。『インフェルノ』のアナ・ウラル、『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のパシャ・D・リチニコフ、『リクルート』のユージン・リピンスキらがキャストに名を連ねている。

 公開されたポスタービジュアルでは、スタイリッシュなリーブスの姿が切り取られ、「その地では、いかなる輝きも凍り付く」というキャッチコピーが添えられている。

 日本版予告編では、いわく付きの幻の宝石“ブルー・ダイヤモンド”を品定めするルーカス・ヒル(キアヌ・リーブス)の姿が映し出されている。怪しげな相棒・ピョートルに誘われて、ロシア・サンクトペテルブルクへと向かうルーカスだが、相棒が滞在するホテルの部屋はもぬけの殻となっており、すでにダイヤの売買を成立させていたロシアンマフィアのヴォルコフから、「2日後にブルー・ダイヤモンドを持ってこい!」と要求され、ルーカスが絶体絶命のピンチに陥る様子が描かれている。

 さらに相棒が残した伝言を頼りに、極寒の地・シベリアへ向かったルーカスに猟銃を使いこなす謎の集団が襲いかかる場面や、美しいカフェの女主人・カティアと出会うシーンも確認できる。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む