Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

THE CHARM PARKのビルボード公演の様子。(撮影:勝永裕介)

THE CHARM PARKが初のビルボード公演開催、新曲初披露も

ナタリー

19/7/9(火) 20:50

THE CHARM PARKが7月5日に東京・Billboard Live TOKYOにてワンマンライブを行った。

THE CHARM PARKがビルボードでライブを行うのは今回が初めてのこと。ピアノ弾き語りの「カルペ・ディエム」でライブがスタートすると、美しいピアノの旋律と歌声が会場中に広がる。チャームがピアノを離れステージの中央に移動したのちアコースティックギターを抱えると、続く「Imperfection」へ。この曲では観客がクラップでチャームのパフォーマンスに彩りを添えた。

フットペダルのループマシンを利用した「マジック」では、幾重にも重なるギターのサウンドが幻想的なムードを形成する。ここでMCタイムを設けると、チャームはバンドメンバーの小川洋行(B)、金藤稔人(Key)、Mark Stein(G)、神谷洵平(Dr)をステージへと招き入れた。

ここからはバンド編成でライブが進行し、7月3日に発売されたばかりのミニアルバム「Standing Tall」から「花が咲く道」「Standing Tall」といったナンバーが披露された。そしてビルボードを意識したというアレンジが施された「ワンダーランド」、エレキギターが炸裂する「Favorite Songs」といった曲が続き、会場の熱気はぐんぐんと高まっていく。「Favorite Songs」のあとにチャームが「ビルボードらしくないパフォーマンスだったらすいません」と語ると観客は大きな拍手を送って彼を称え、THE CHARM PARKのライブらしい温かな雰囲気が会場を包み込んだ。

この公演で初披露となった「Standing Tall」のリード曲「Ordinary」、オーガニックで心地よいサウンドが印象的な「Still in Love」が届けられたのち、チャームが大切にする、家族の絆を歌う楽曲「Stars Colliding」で本編は締めくくられた。2ndステージのアンコールでは「Holding Hands」が披露され、チャームは「まだ終わりたくない。一緒に歌いましょう」と呼びかける。彼のリクエストに応えた観客は歌声を響かせ、場内をエモーショナルな雰囲気で満たした。

THE CHARM PARK ワンマンライブ 2019年7月5日 Billboard Live TOKYO セットリスト

01. カルペ・ディエム
02. Imperfection
03. マジック
04. Sincerely,
05. そら
06. 花が咲く道
07. Standing Tall
08. ワンダーランド
09. Favorite Songs
10. Ordinary
11. Still in Love
12. Stars Colliding
<アンコール>
13. Holding Hands

アプリで読む