Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

筒井あやめ&秋田汐梨がW主演 横山拓也作の舞台『目頭を押さえた』

CINRA.NET

21/3/2(火) 18:30

舞台『パルコ・プロデュース「目頭を押さえた」』が6月4日から東京・池袋の東京芸術劇場、7月から大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

2012年に初演された『目頭を押さえた』は、関西圏の山間のとある集落を舞台に、写真家としての才能を開花させていく高校3年生の杉山遼と、従姉妹で同級生の中谷修子、その家族や教師たちが正反対の価値観の間で葛藤する姿を描くヒューマンドラマ。『第65回岸田國士戯曲賞』最終候補にノミネートされた横山拓也(iaku)が作、寺十吾が演出を手掛ける。

筒井あやめ(乃木坂46)が杉山遼役、秋田汐梨が中谷修子役で主演を務めるほか、キーパーソンの教師役に林翔太、2人の父親役に梶原善と山中崇、修子の母親役に枝元萌、家庭教師役に橋爪未萠里、弟役に大西由馬がキャスティング。

筒井あやめのコメント

杉山遼役を演じさせて頂きます、筒井あやめです。
私は演技経験が少なく、乃木坂46メンバーのいない舞台も初めてのなか、さらにW主演ということで緊張と不安がありますが、共演者の方から刺激をいただきながら沢山の事を学んで、杉山遼としての一瞬一瞬を楽しめたらなと思います。
どきどきする様な展開を見ている皆さんに感じていただけるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願い致します。

秋田汐梨のコメント

初めての舞台ということで、どんなふうになるのか全く想像ができず、今はとにかく緊張と不安でいっぱいですが、稽古を通して、自信を持って舞台に立てるよう頑張りたいと思います。
今回、筒井あやめさんとは初めてご一緒しますが年下とは思えないほどの落ち着きと雰囲気を持った方で、役のイメージにぴったりだな、と思いました。
私が演じる役は、いつも明るく元気な子ですが、複雑な気持ちを抱く場面もあるので、そんな感情の変化を繊細に表現していきたいなと思います。

林翔太のコメント

「目頭を押さえた」に出演が決まった時は、また新しい作品と出会える事の嬉しさで胸がいっぱいでした!そして今回初めて、高校教師の役をやらせて頂きます!自分がこの役だと知った時は、僕もそういう年齢になったんだなとしみじみしました。筒井さんと秋田さんが演じる高校生のキーパーソンとなる役でもあるので、自分の役割をしっかりやり切りたいと思います!このような時代ではありますが、ぜひ劇場に来て頂けたらと思います。

アプリで読む