Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『プライベート・ウォー』監督が語る、“伝説の記者”メリー・コルヴィン 「仲間のように思えた」

リアルサウンド

19/9/9(月) 10:00

 英国サンデー・タイムズ紙の“伝説の記者”メリー・コルヴィンの生涯を描いた伝記映画『プライベート・ウォー』が、9月13日より全国公開中だ。世界中の戦地に赴き、レバノン内戦や湾岸戦争、チェチェン紛争、東ティモール紛争などを取材してきた女性戦場記者であるコルヴィンは、2001年のスリランカ内戦取材中に左目を失明、2012年に過酷な状況で包囲されている28,000人の市民の現状を伝えるために乗り込んだシリアで、シリア政府軍に包囲され、ロケット弾の砲撃で命を落とした。PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみながらも、黒の眼帯をトレードマークに世間の関心を紛争地帯に向けようと努めた人生が明かされる。

 コルヴィンを演じた、『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクは、本作の演技で第76回ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)主演女優賞にノミネートされた。監督を務めたのは、メキシコ麻薬カルテルと自警団の戦いに密着し、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた『カルテル・ランド』(15年)、武装勢力 ISIS(イスラム国)に支配されたシリア北部の惨状を世界に発信する市民ジャーナリスト集団に密着した『ラッカは静かに虐殺されている』(17年)など数多くのドキュメンタリーを監督したマシュー・ハイネマン。初の劇映画の挑戦となるハイネマン監督に、ドキュメンタリーと劇映画の違い、ジャーナリズムの現在、コルヴィンへの思いまで語ってもらった。

参考:町山智浩、丸山ゴンザレスら絶賛 ロザムンド・パイク主演『プライベート・ウォー』著名人コメント

ーー劇映画作品を撮るきっかけは?

マシュー・ハイネマン監督(以下、ハイネマン):たまたまかな。僕はドキュメンタリーが大好きだし、これからもドキュメンタリーを撮っていきたいと思っている。ドキュメンタリーを作ることを、ハリウッドのフィクションを作るきっかけにする人もいるけれど、僕はそうじゃない。単純にコルヴィンに強いつながりを感じたし、伝えなければと思った。コルヴィンの生き様は、劇映画としてしか描けなかったんだ。

ーー初の劇映画の挑戦にあたって、心がけていたことはありますか?

ハイネマン:ドキュメンタリーは、実在する人物たちを目の前にして作り、劇映画は脚本があって、役者があって……と映画作りの体験として当然違うものになる。ただ、自分のドキュメンタリー作家としてのこれまでの経験を、劇映画に使いたいと思っていた。例えば作品のルックスや雰囲気作りにはこだわって、どのフレームでもリアルに映るようにすることと、アドリブができる空気感を心がけていたよ。

ーードキュメンタリー作家として、リサーチにも力を入れましたか?

ハイネマン:何カ月も、コルヴィンと彼女が住んでいた世界に対してリサーチしたよ。ロンドンやアメリカなど各地を周って、彼女の同僚や友人たち、いろんな人に取材をした。

ーー主演のロザムンド・パイクとはどのようなやりとりを?

ハイネマン:パイクも、僕と同じようにたくさんの時間を準備に費やしてくれたんだ。コルヴィン独特の訛りを真似たり、彼女もコルヴィンの同僚に話を聞いたり、ダンスのコーチの人の元で、コルヴィンの体や動きに近づける作業をしてくれた。PTSDが人の心に与える影響についても彼女自身でリサーチしてくれて、僕らの間でもとにかくたくさん話し合った。彼女には、僕がドキュメンタリー作家というバックグランドからどのようにアプローチするのかということを話したりもした。

ーー紛争地域でのシーンと、コルヴィンが住んでいるロンドンでのシーンが交互に描かれる構成は意識的でしたか?

ハイネマン:僕がやりたかったことは、実際の戦地と、彼女の「心の中の戦地」を同時に掘り下げるということ。そのためには紛争地帯と彼女のホームであるロンドンの両方の場面を描かなければいけなかった。彼女がいかに戦地でのトラウマをロンドンに持ち帰っていたのか、言い換えれば戦争やPTSDというサイレントキラーが人々が持つモラルに対してどんな傷を負わせるのかを伝えたかったんだ。

ーー本作を観た後に、鑑賞者にどのようなリアクションを求めますか?

ハイネマン:観てくれた人には、コルヴィンのような、紛争地を取材しているジャーナリストたちがどんな危険を乗り越えて物語を伝えているのか、より深い理解を持ってくれたら嬉しい。彼女が亡くなってからも、ジャーナリストに伴うリスクが減ってきているわけでは決してないからね。もちろん彼女が亡くなる以前にも、紛争を取材していたジャーナリストが亡くなってしまうことはあったけれど、彼女ほど名前のあるジャーナリストが亡くなったのは初めてだったから、世界中に彼女の物語が広まった。

 コルヴィンがキャリアをスタートさせた当時は、紛争・戦争ジャーナリストの人たちがたまたま戦争に巻き込まれて亡くなるリスクはあったけれど、コルヴィンのように政権・体制に対して意見をしたことでターゲットにされてしまい、命を落とすということはなかった。実際に、コルヴィンの家族が死後、アサド政権に対して裁判を起こして勝訴したそうだけど、その結果アサド政権がいかに意図的に、ジャーナリストを狙っていたかが分かった。コルヴィンは、アサド政権のような、批判的な声を抑圧するシステムの犠牲者になってしまったんだ。残念ながらそういったことは今でも世界で起こり続けている。

ーー近年では、フェイクニュースなどによって、ジャーナリズムの権威の低下も騒がれています。

ハイネマン:本当に悲しい状況だよね。君が言う通り、フェイクニュースは蔓延していて、サウンドバイトが政治的リーダーや権力者から発信されている中、一般の市民からすれば何が真実で何がフィクションか見極めにくくなっているという現状はひしひしと感じている。だからこそコルヴィンのような、真実を明かそうと追求している真のジャーナリズムを今こそ応援しなければいけないんじゃないかと思う。

ーー本作を撮り終えたことで、ハイネマン監督ご自身に達成感や変化はありましたか?

ハイネマン:達成感があったかは分からないけれど、今までの作品の中で一番パーソナルな作品になったのは間違いない。コルヴィンから強いつながりを感じて、仲間のように思えた。もちろん彼女の方が長く各地で取材をしてきて、重いPTSDを経験し、アルコール依存症にもなったり苦しかったとは思う。だけど、いろんな場所でいろんなものを観て、それを普段自分が住んでいる場所に持ち帰るという経験は僕も彼女と同じようにしてきた。ジャーナリズムだったり、世界の暗い部分に光を当てようとする姿勢だったり、彼女が象徴しているものは僕が信じているものでもあるんだ。彼女の思いや行動に、僕は撮影を終えた今でもすごく共感している。(取材・文=島田怜於)

アプリで読む