Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

グザヴィエ・ドランが「君の名前で僕を呼んで」に感銘、監督作への影響を語る

ナタリー

20/8/19(水) 13:00

「マティアス&マキシム」ポスタービジュアル

「マティアス&マキシム」の監督を務めたグザヴィエ・ドランの新たなコメントが到着した。

本作では、幼なじみのマティアスとマキシムが偶然のキスをきっかけに互いへの秘めていた気持ちに気付き、友情と恋心に揺れ動く様子が描かれる。ガブリエル・ダルメイダ・フレイタスがマティアス、ドランがマキシムを演じた。

ルカ・グァダニーノの監督作「君の名前で僕を呼んで」に感銘を受け、本作を制作したことを明かしているドラン。同作の感想を「しばらく動けないほどに感動した。そして僕自身の20代の頃を思い返した」と述べ、「ラブストーリーを描くことを強くインスパイアされた。過去に、ラブと言っても自己愛や自己愛の喪失は描いたことがあったけど、2人の人間の、真っ向からの真のラブストーリーを描くのは今回が初めて。『君の名前で僕を呼んで』が僕にそうさせたんだ」とコメントしている。

また本作では、「君の名前で僕を呼んで」に登場するエリオとオリヴァーを彷彿とさせる、赤と青の衣装を着たマティアスとマキシムがたびたび登場する。鑑賞の際には、こちらもチェックしてみては。

「マティアス&マキシム」は9月25日より東京・新宿ピカデリーほか全国でロードショー。

(c)2019 9375-5809 QUEBEC INC a subsidiary of SONS OF MANUAL

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む