Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

猫たちがバレエやタップを踊る 映画版『キャッツ』新予告編&ポスター

CINRA.NET

19/11/27(水) 8:00

トム・フーパー監督の映画『キャッツ』の新たな予告編とポスタービジュアルが公開された。

2020年1月24日から公開される同作は、1981年に初演され、累計観客動員数8100万人を記録しているミュージカル『キャッツ』をもとにした作品。選ばれた1匹の猫だけが「新しい人生を生きること」を許される、猫たちによる特別な舞踏会を舞台に、臆病な白猫ヴィクトリアが個性豊かな「ジェリクルキャッツ」たちとの出会いの中で自分らしい生き方を見つけていく様を描く。ヴィクトリア役にフランチェスカ・ヘイワードがキャスティング。日本語吹き替え版の声優には葵わかな、山崎育三郎、秋山竜次、森崎ウィン、大竹しのぶらが名を連ねる。

予告編には、ヴィクトリアが「舞踏会へ行くのかい? 危険だぞ」と忠告される様をはじめ、ジュディ・デンチ演じる長老猫オールドデュトロノミーの「見極めるのは魂よ」という言葉、猫たちがバレエ、ヒップホップ、タップといった様々なダンスを披露するシーン、首飾りを付けられたヴィクトリアが微笑む姿、テイラー・スウィフト演じるボンバルリーナがパフォーマンスする場面などが確認できる。

またポスタービジュアルには、夜の街並みを背景にポーズを取る猫たちの姿が写し出されているほか、「奇跡の歌声。驚異のダンス。人生が変わる極上のエンターテイメント」というコピーが使用されている。
{{ youtube url="https://www.youtube.com/watch?v=SZOAgztqTLw"}}

アプリで読む