Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「BLACKFOX」初日舞台挨拶の様子。左から戸松遥、七瀬彩夏、大地葉。

「BLACKFOX」七瀬彩夏と戸松遥はアクション担当、大地葉は映画の“癒やし”に

19/10/5(土) 20:10

劇場アニメ「BLACKFOX」の初日舞台挨拶が本日10月5日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの七瀬彩夏、戸松遥、大地葉が登壇した。

近未来の大都市の一角に暮らす忍者一族・石動家の長女・律花の活躍を描いた本作。「ジョーカー・ゲーム」の野村和也が総監督、篠原啓輔が監督、「citrus」のハヤシナオキが脚本を担当した。アニメーション制作は「フリップフラッパーズ」で知られるStudio 3Hz。七瀬が祖父から跡継ぎを期待される律花 / リリィ、戸松が頭脳明晰なサイキッカーであるミア、大地が律花と同居している少女メリッサに声を当てた。

七瀬は待ちに待った初日を迎え、少し緊張気味の様子。観客と制作に携わったスタッフ、キャストへの感謝を伝えたのち、長い年月をかけて完成した本作の道のりを述懐した。オーディションは2017年、アフレコは2018年に行われたが、特にアフレコの初日は頭が真っ白になるほど緊張していたという。2日目からは、戸松と大地のおかげで緊張もほぐれ、リラックスしてアフレコに臨めたことを付け加えた。また戸松は、ローレン役の飛田展男がかもす“マッドサイエンティスト感”に驚いたと明かす。

MCから本作の見どころを聞かれると、「迫力がハンパない」「この大きなスクリーンで観たかった」と口々にアクションシーンの魅力に言及した3人。中でも、七瀬は律花がBLACKFOXに変身するシーンに触れ、狐を連想させる白い毛がたなびく様子に注目してほしいと語る。また戸松は、律花とミアのバトルシーンに呼吸するのを忘れてしまうほど息をのんだという。一方、家庭的で律花のことをいつも案じているメリッサ役の大地は映画の中でも日常パートを担っており、役作りでは「作品の癒やしポイント」になることを意識したと語った。

アメリカ・カリフォルニア州で行われた「クランチロール・エキスポ2019」でのワールドプレミアで、700人規模の会場が大入り満員になったことが伝えられる場面も。当初1回のみの上映だったが、急遽翌日にも上映が実施されるほど反応は上々だったという。キャスト陣は忍者というモチーフの魅力に加え、アメリカと日本が入り混じった世界観がウケたのでは?と分析していた。

なおアニメとの連動プロジェクトである特撮アクション時代劇「BLACKFOX: Age of the Ninja」は、本日から各動画配信サービスで配信スタート。律花の祖先を描いた本作に、七瀬はワンシーンのみの特別出演を果たした。両作品ともにBlu-ray / DVDが12月18日に発売される。

(c)PROJECT BLACKFOX

アプリで読む