Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

アキラ100%「主演映画が公開なんてなかなかない」舞台挨拶で噛みしめる

ナタリー

左から井浦新、安倍萌生、大橋彰(アキラ100%)、宮本真希、横尾初喜監督。

アキラ100%が昨日9月10日、東京・シネマート新宿で行われた主演映画「達人 THE MASTER」の初日舞台挨拶に登壇した。

アキラ100%が大橋彰名義で映画初主演を果たした「達人 THE MASTER」は、記憶を失った謎の男が「何かの達人だった気がする」という唯一のヒントを頼りに、周囲の人々に支えられながら記憶を取り戻す訓練に励む物語。男が記憶を取り戻すと、彼の面倒を見ていた屋敷の跡取り娘・静子や家政婦・奈津も巻き込むとある計画が動き始める。

映画を鑑賞したばかりの観客の前に立ったアキラは、「うれしい! この一言ですね。自分の人生で主演映画が公開なんてなかなかあることではない。それをこういう形で映画を観ていただけることができて本当にありがたいです」と感無量の様子。「監督から、彰さんで映画を撮ろうと思っていますと言われたときはうれしいというよりも、大丈夫なのかなという不安のほうが大きかった。映画を観終わった皆さんがどういうふうに観ていただけたのか」と素直な心境を明かした。

力強い眉毛と衣装のポンチョが印象的な役柄。アキラは「このキャラクターに合っているなと思いました。過去のシーンで女性に誘われるところがあるんですが、そこで『なんでこんな服を着ているの?』と言われ、『確かに』と思ったらめちゃくちゃ面白くて。笑っちゃいましたが、この服があったからこそ成立しているなと思いました」と述懐する。また、衝撃的なビジュアルの“No.4”を演じている井浦新はこのキャラは自身が提案したものだったと述べ、「自分がインする直前に、監督にこんな造型はどうですかとメッセージを送った。最初は(大橋演じる)達人さんと同じような感じで向き合おうと思っていたんですが、突然、この作品のノイズにならないといけないという強迫観念にかられたんです」と理由を語った。

横尾初喜監督は「コロナで去年の4月からドラマや映画の制作が止まり、エンタメって必要なのかなと悶々としていた。この時期にどういう映画が作れるんだろうと考え、少しでも笑える作品が、少しでも日々の救いになったらいいなと思って(作った)」と回想。最後にアキラは「肩の力を抜いて、ニコニコしながら観ていただける楽しい作品。こんな状況ですが、やはり誰かがいてくれる幸せってあると思う。そういうことを僕もこの作品を通じて感じながらやっていましたし、皆さんにも感じていただけたらと思います」とメッセージを送った。

(c)ゴールデンツリー / 「達人 THE MASTER」製作チーム

アプリで読む