Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

遠藤憲一、『午前0時、キスしに来てよ』で片寄涼太のマネージャー役に 「ときめいてください」

リアルサウンド

19/6/28(金) 12:00

 GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太と橋本環奈がW主演を務める映画『午前0時、キスしに来てよ』に、遠藤憲一が出演することが決定した。

参考:遠藤がクマの着ぐるみに身を包む

 本作は、『別冊フレンド』(講談社)にて連載中で、単行本(電子書籍含む)は累計発行部数260万部を超える、みきもと凜の同名少女マンガを実写化する恋愛映画。『プリティ・ウーマン』や『ノッティングヒルの恋人』でモチーフにされる“格差恋”を描く。

 片寄が演じるのは、国民的スターの綾瀬楓。一方の橋本が演じるのは、一般女子高生・花澤日奈々。そして、日奈々を近くでじっと見守ってきた幼なじみ・浜辺彰役には、デビュー直後から話題沸騰の注目株、眞栄田郷敦が抜擢された。監督を務めるのは、『四月は君の嘘』『ひるなかの流星』の新城毅彦。『グッド・ドクター』『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(共にフジテレビ系)の大北はるかが脚本を担当する。

 遠藤は、片寄演じる綾瀬楓のマネージャー・高橋茂雄役を務める。高橋茂雄は、国民的スターにもかかわらず気さくで、無防備な行動をとる楓に手を焼きつつも、俳優としての道を極めようとする彼の“一番の理解者”として親身に寄り添う役柄だ。さらに、楓と日奈々(橋本環奈)との恋愛に猛反対しながらも、次第に二人に寄り添っていくという物語の重要なポイントを担っている。

 また、新たな場面写真が公開され、遠藤が撮影現場で片寄に日除け傘を差し出す様子や、クマの着ぐるみに変装している姿が切り取られている。遠藤からはコメントも寄せられた。

遠藤憲一(高橋茂雄役)コメント
こんなにキラキラした映画に出演するのは初めてだったのでなじめるか心配だったんですが、撮影はとても楽しかったです。今回、茂雄役として綾瀬楓のマネージャーを演じたわけですが、普段は自分が役者としてマネージャーに支えられているということもあって、あらためて大変な仕事だなと思いました。
人気のある若い世代が上り調子のときに恋愛をするという物語で、役者とはいえ人なので、その揺れ動く心や感情をもフォローするということは本当に大変なことだと思いました。わたしの場合はいま女房にマネージャーとして支えてもらっていて、面倒ばかりかけているので、きつい思いをしているんだろうなと感じ、今回、その立場がほんの少しわかった気がします。片寄涼太さんはとても清々しくて、綺麗で、美しい人だと思いました。音楽をやりながら演技も両立できる方なので頑張ってほしいと思います。ドキドキ、ワクワクする作品になっていると思うので、ぜひ皆さん、ときめいてください。 (文=リアルサウンド編集部)

アプリで読む