Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

GANG PARADE「PARADE GOES ON TOUR」東京・中野サンプラザホール公演の様子。(撮影:外林健太)

GANG PARADE“遊び人”に苦悩打ち明けた中野サンプラザ公演、来春に初ホールツアー決定

ナタリー

19/11/5(火) 14:52

GANG PARADEが昨日11月4日に東京・中野サンプラザホールで全国ツアー「PARADE GOES ON TOUR」のファイナル公演を行った。

11月13日にメジャー1stアルバム「LOVE PARADE」のリリースを控えるギャンパレは、9月にスタートした本ツアーを通して全12公演を開催。ファイナルではオープニングムービーを経て1階席の扉から登場し、エキストラと共に客席通路を行進してステージへ。「エンジョイプレイ! みんなの遊び場、GANG PARADEです!」と挨拶した10人は代表曲「FOUL」でライブをスタートさせ、遊び人(ギャンパレファンの呼称)と共に両腕を左右に振って中野サンプラザを腕時計型のサイリウムの光で満たした。彼女たちはヤママチミキの「みんなを絶対に幸せにするからな!」という宣言から、ギャンパレの主演ミュージカル「プレイハウス」の作・演出を手がけた根本宗子作詞の「Wake Up Beat!」を披露。さらに「QUEEN OF POP」「Message」と畳みかけて、会場の熱気をぐんぐんと上昇させた。

キャン・GP・マイカは約2200人が集まった満員の会場を見渡して飛び跳ね、「今日は今日しかないから、自分のスタイルで思う存分楽しんでいこうね!」とテンション高く呼びかける。場内が歓声で包まれる中、ギャンパレは4月に発表したメジャーデビューシングル「ブランニューパレード」とメロディックパンクチューン「BREAKING THE ROAD」を歌唱。さらにEDM調の攻撃的な楽曲「GANG PARADE」やポップなナンバー「Plastic Smile」などを立て続けにパフォーマンスした。ライブ中盤にはメンバー同士がケンカを始める寸劇が繰り広げられ、テラシマユウカとユイ・ガ・ドクソンによる「そんなこと平然と言えるからBiSもBiSHも落ちたんやろ!」「あんたも落ちたやろ!」というやり取りに客席からは大きな笑いが。5月にギャンパレに加入したナルハワールドは「私はどうしたらいいの……誰か助けて!」と助けを求め、ステージにはパンストを被ったマイカが登場。今度は「ナルハさんはGANG PARADEを愛してますか? その愛が本当のものか確かめるために、こちらのパンストをお被りください」とマイカから渡されたパンストをナルハワールドが被り、そのままの流れでタオルを使った陽気なナンバー「LOVE COMMUNICATION」が披露された。

パンストを脱いだナルハワールドが真剣な表情で「私はGANG PARADEのことを愛しています」と語ったのち、ギャンパレは彼女が初めて作詞を手がけた応援歌「Wonderful World」やドラマチックな展開の「LAST」など5曲をノンストップで届け、気迫のこもったステージングで観客を魅了する。そしてハルナ・バッ・チーンの「まだまだ足りないですよねー!? 昨日のこと、明日のこと、何も気にせず楽しんでいってください!」という煽りを合図に、ライブはラストスパートに突入。キラーチューン「Plastic 2 Mercy」の曲中には遊び人が肩を組んだり、手を掲げたりして盛り上がり、エモーショナルな「UNIT」ではメンバーの力強い歌声が響きわたった。ライブ本編最後のMCでは月ノウサギが「私たちがこのツアーを通して歌ってきた“愛”という言葉はとてもふわっとしていて、ときに胡散臭く感じることもあるかもしれません。だけど、今まで私たちの遊び場が成り立ってきた理由は皆さんの愛でしかありません。GANG PARADEのことを愛してくれてありがとう」と挨拶。10人は「LOVE PARADE」の収録曲「らびゅ」で遊び人に愛を伝えた。

アンコール前にはメンバーが涙ながらに“ギャンパレの現在”を語るインタビュー映像が上映され、順風満帆に見えるギャンパレが抱える悩みや課題が明かされる。再登場した10人はステージに1列になり、カミヤサキは「私たちは逆境を覆すという1つの目的を失い、空っぽでバラバラでした。そんな状態のままツアーを始めてしまった私たちは、各地で待ってくれているみんなの予想以上の熱量の大きさに直面しました。それに対して私たちは期待に応えることができていなかったんじゃないかなと、正直不甲斐なかったです。それでも少しずつ前を向けたのは、このツアーを通してGANG PARADEに対して大きな思いをかけてくれる皆さんの存在に気付いたときでした」と告白。「GANG PARADEを見守ってくれている皆さんに今よりももっと大きな奇跡を見せ続けたい。そうすることができて初めて皆さんの愛に応えられると思うんです。今日この日が過去の悔しいことのためにあったのだと思うのなら、この先に立ち向かわなきゃいけないことも未来の奇跡のためにあるのだと思います。そう思えることができたのは皆さんからもらった愛のおかげです。人生において越えていけないものはないと、GANG PARADEの活動をもって証明します!」と決意の言葉を語った。

ラストナンバーの「CAN'T STOP」ではメンバーも遊び人も隣同士手をつなぎ、会場の空気がひとつに。2020年春に中野サンプラザホール2DAYSを含む初のホールツアーが開催されることが告げられ、「PARADE GOES ON TOUR」の幕が閉じた。

GANG PARADE「PARADE GOES ON TOUR」
2019年11月4日 中野サンプラザホール セットリスト

01. FOUL
02. Wake Up Beat!
03. QUEEN OF POP
04. Message
05. ブランニューパレード
06. BREAKING THE ROAD
07. GANG PARADE
08. Are you kidding?
09. Plastic Smile
10. Beyond the Mountain
11. LOVE COMMUNICATION
12. Wonderful World
13. ALONE
14. LAST
15. CAR RADIO
16. GANG 2
17. Plastic 2 Mercy
18. UNIT
19. らびゅ
<アンコール>
20. CAN'T STOP

GANG PARADE MY FIRST HALL TOUR

2020年4月12日(日)埼玉県 三郷市文化会館
2020年4月26日(日)愛知県 名古屋市公会堂
2020年5月2日(土)兵庫県 あましんアルカイックホール
2020年5月5日(火・祝)北海道 道新ホール
2020年5月16日(土)宮城県 仙台銀行ホール イズミティ21
2020年5月22日(金)東京都 中野サンプラザホール
2020年5月23日(土)東京都 中野サンプラザホール

アプリで読む