Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京ドラマアウォード2019の様子。

ドラマアウォード女優賞の清原果耶、黒木華が授賞式で喜びの声、作品賞は「3年A組」

ナタリー

19/10/28(月) 20:59

東京ドラマアウォード2019の授賞式が本日10月28日に東京・東京プリンスホテルで開催された。

東京ドラマアウォードは、“世界に見せたい日本のドラマ”およびその出演者やスタッフを表彰するもの。野木亜紀子が脚本を手がけた日本テレビ系「獣になれない私たち」で、田中圭演じる花井京谷の元恋人・長門朱里を演じ、助演女優賞を獲得した黒木華は「この役はとても面白くて自分で演じていて楽しかったです」とほほえむ。司会を務めた石坂浩二に「朱里が時折見せる爆発のシーンがすごい」と称賛されると、黒木は「そう言っていただけるとうれしいです。野木さんにいい役を書いていただいたなと思っていましたし、爆発すればするほど監督も喜んでくださっていました」と振り返った。

小さな産婦人科医院を舞台とするNHKの連続ドラマ「透明なゆりかご」で看護師見習い・青田アオイを演じ、主演女優賞に輝いた清原果耶。石坂から芝居に品があると褒められた清原は「ありがとうございます!」と顔をほころばせ、「この作品を撮影しているときはアオイちゃんをどう演じるべきか悩んだんですが、その分作品が私の中で大きなものになっていきました。それがもし作品に表れていたら、うれしいです」と語った。

単発ドラマ部門のグランプリには、テレビ東京のスペシャルドラマ「Aではない君と」が選ばれ、主演を務めた佐藤浩市と、キャストの杉田雷麟、スタッフが登壇。殺人容疑で逮捕された息子に苦悩する父親・吉永を演じた佐藤は「地上波のテレビとしては正直に言って非常に扱いづらい題材です。しかし、何がアンタッチャブルなのかをみんなで考えるドラマなんだと思います」と思いを語る。吉永の息子・翼を演じた杉田に石坂が「撮影が始まって、顔を合わせたときに佐藤さんに『役者で食っていくのか?』と聞かれたそうですね。なんと答えましたか?」と質問すると、杉田は「はい、と即答しました。このドラマを終えてから、いっそう気持ちが強くなりました」と真剣なまなざし。石坂に「どうですか?」と問われた佐藤は「食っていけると思いますよ」と太鼓判を押した。

連続ドラマ部門のグランプリは、菅田将暉が主演を務める「3年A組―今から皆さんは、人質です―」に。菅田、スタッフとともに登壇した脚本担当の武藤将吾は「社会や子供たちに普段言えないような言葉を、フィクションの力を借りて伝えられるような、逆説的な熱血教師ものをやってみようと思って生まれた作品でした」と語る。石坂が「子供たちにとってはああいう物語を体験できるのは幸せだったんじゃないでしょうか。そこが熱血教師もののよさ。逮捕までされてますから」と語ると、菅田は石坂の背後で苦笑していた。

東京ドラマアウォード2019の受賞結果は以下の通り。

東京ドラマアウォード2019 受賞結果

作品賞(連続ドラマ部門)

グランプリ

「3年A組―今から皆さんは、人質です―」日本テレビ

優秀賞

「透明なゆりかご」NHK
「dele」テレビ朝日
「大恋愛~僕を忘れる君と」TBS
「きのう何食べた?」テレビ東京

作品賞(単発ドラマ部門)

グランプリ

「Aではない君と」テレビ東京

優秀賞

「詐欺の子」NHK
「満願」NHK
「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」フジテレビ

ローカル・ドラマ賞

「なめとんか やしきたかじん誕生物語」関西テレビ
「かんざらしに恋して」NHK長崎

個人賞

主演男優賞

菅田将暉「3年A組―今から皆さんは、人質です―」

主演女優賞

清原果耶「透明なゆりかご」

助演男優賞

横浜流星「初めて恋をした日に読む話」

助演女優賞

黒木華「獣になれない私たち」

脚本賞

安達奈緒子「透明なゆりかご」「きのう何食べた?」

演出賞

福田雄一「今日から俺は!!」

主題歌賞

milet「inside you」(「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」)

海外作品特別賞

「我的真朋友~My True Friend~」中国
「熱血司祭」韓国
「愛の運命」タイ

アプリで読む