Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

高良健吾

高良健吾が池田エライザ監督作「夏、至るころ」に出演、倉悠貴を導く教師に

ナタリー

19/8/23(金) 8:00

池田エライザの初監督作「夏、至るころ」に高良健吾が出演していることがわかった。

本作は、映画24区が「地域」「食」「高校生」をキーワードに全国の自治体と組んで製作する「ぼくらのレシピ図鑑」の第2弾作品。福岡県田川市を舞台に、幼なじみの少年2人と不思議な少女が出会ったひと夏の胸騒ぎを描く。ドラマ「his~恋するつもりなんてなかった~」の倉悠貴、オーディションで抜擢された新人・石内呂依、「映画 としまえん」のさいとうなりがメインキャストを務め、安部賢一、杉野希妃、大塚まさじ、リリー・フランキー、原日出子が共演に名を連ねた。

高良が演じるのは、倫理の教師・小林。倉演じる翔に前に進むためのヒントを与える役どころだ。池田は「高良さんの誠実さや心のあたたかさは、主人公の翔を導く小林先生にぴったりだと感じています。そしてこの作品を快く受けてくださったことに感謝しています」とコメントした。

「青と僕」の下田悠子が脚本を手がけた「夏、至るころ」は、8月20日にクランクインし撮影が進められている。公開は2020年夏を予定。

池田エライザ コメント

以前共演させていただいたときに、お芝居や映画への深いリスペクトと愛情を感じて、是非、この作品にも出演していただけないだろうかと思っておりました。高良さんの誠実さや心のあたたかさは、主人公の翔を導く小林先生にぴったりだと感じています。そしてこの作品を快く受けてくださったことに感謝しています。

アプリで読む