Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「細い目」ポスタービジュアル

ヤスミン・アフマド「細い目」劇場公開、マレー系少女と中華系少年の淡い恋物語

ナタリー

19/8/25(日) 21:03

マレーシアの監督、ヤスミン・アフマドの長編第2作「細い目」の劇場公開が決定。10月11日より東京・UPLINK吉祥寺、UPLINK渋谷ほか全国で順次公開される。

2009年7月25日に51歳で急逝したヤスミン・アフマド。日本では東京国際映画祭をはじめとする映画祭やイベントでの上映でその名を広め、2017年に劇場公開された「タレンタイム~優しい歌」はロングランヒットを記録した。そんな彼女が長編デビュー作「ラブン」に続き、2004年に製作したのが「細い目」だ。

没後10年に合わせて、特集上映ではなく初めて単体での劇場公開が決まった本作は、金城武が大好きなマレー系少女オーキッドと、露店で香港映画の海賊版VCDを売る中華系の少年ジェイソンが、民族や宗教の違いを越えて惹かれ合う姿を描いた物語。2004年にマレーシアのアカデミー賞でグランプリ、監督賞、脚本賞、新人男優、新人女優賞など6部門を独占し、第18回東京国際映画祭では最優秀アジア映画賞を受賞した。

「細い目」とは中華系の目が細いことをからかうマレーシアの言い方だが、本作をきっかけに“チャーミングな目”という意味としても捉えられるように。オーキッドを演じたのは、ヤスミン・アフマド作品の常連俳優シャリファ・アマニ。彼女をキャストに迎えて「アジア三面鏡2016:リフレクションズ」の短編「鳩 Pigeon」をマレーシアで撮影した行定勲は、本作について「初めて東京国際映画祭で目にしたときの衝撃を今でも覚えている」とコメントを寄せている。

アプリで読む