Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

森絵都の小説『カラフル』をタイで映画化 『ホームステイ ボクと僕の100日間』10月公開

リアルサウンド

19/6/28(金) 13:00

 『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』の製作チームが贈るタイ映画『ホームステイ ボクと僕の100日間』が10月5日より公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルも公開された。

参考:小川紗良の『バッド・ジーニアス』評:映画全体が“カンニング”のように緻密に計算されている

 本作は、 アニメーション映画化もされた森絵都の小説『カラフル』を、タイに舞台を移して映画化した青春ファンタジー。「当選しました」の声で、死んだはずの“ボク”の魂が、自殺した高校生ミンの肉体に“ホームステイ”することになった。ミンの自殺の原因を100日間で見つけ出さないと、“ボク”の魂は永遠に消えると告げられ、新生“ミン”としてもう一度人生をスタートさせる。

 主人公を演じるのは、『バッド・ジーニアス』でカンニングビジネスを仕切る御曹司役を務めたティーラドン・スパパンピンヨー。「どうしても演じたい」と、この役をオーディションでつかみとり、自殺するまで追い詰められた少年と、生前の記憶を消されて生きる少年の1人2役の難役を演じる。憧れの先輩役は、BNK48のキャプテンで、第1回BNK48選抜総選挙で1位を獲得したチャープラン・アーリークンが演じている。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む