Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

マイ・バッハ 不屈のピアニスト

20/9/9(水)

クラシック関連の秀作が続く映画界に、この秋また一つ気になる作品が登場する。 9月11日(金)より全国公開予定の映画『マイ・バッハ〜不屈のピアニスト〜』に描かれているのは、実在のピアニスト、ジョアン・カルロス・マルティンスの波乱万丈の半生だ。 1940年生まれということは、筆者との年齢差17年。まさに同じ時代を生きてきたはずにもかかわらず、彼の噂を聞くこともなくアルバムすらも手元にない。しかし、映画の中で躍動するジョアンの演奏は魅力たっぷり。これまで接することがなかったのが不思議なほどだ。その理由は映画の中で描かれている腕の故障と病気。どん底から這い上がるジョアンの姿が心に沁みる。そしてその彼が愛してやまないバッハの音楽が余韻となって頭に残る。

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む