Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©James Jarvis, Courtesy of the artist and NANZUKA

ジェームス・ジャービスの新作展『Throw-ups』 ドローイングや彫刻など展示

CINRA.NET

19/7/20(土) 18:18

ジェームス・ジャービスの個展『Throw-ups』が、8月24日まで東京・渋谷のNANZUKAで開催されている。

1970年に生まれ、ロンドンを拠点に活動するアーティスト、ジェームス・ジャービス。2003年から2013年までSILASの共同創設者であるラッセル・ウォーターマンとともに「Amos」を運営したほか、近年もナイキやユニクロ、イケアなど多くのブランドとコラボレーションを行なっている。

日本では約4年ぶりの新作展となる『Throw-ups』では、ジャービスが日課として描き続けているドローイング作品に加え、新作のスプレーペインティング、レーザーカットをした木製のレリーフ作品、カラーアクリル板を用いた平面作品、ブロンズ製の彫刻作品などを発表。哲学的な思考や多様な言語、歴史、社会問題からポピュラーカルチャー、アート、建築、スケートボーディングなど多岐にわたる関心を背景に、簡素化されたキャラクターを描くジャービスは、「ドローイングは、私にとって呼吸をする事と同じで、やらなくてはいけないもののようです」と語る。

アプリで読む