Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

BUMP OF CHICKEN(撮影:古溪一道)

「会えてうれしいぜ!」BUMP OF CHICKEN全国ツアー、熱狂のCOASTライブ

ナタリー

19/8/21(水) 21:30

BUMP OF CHICKENの全国ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」の東京・新木場STUDIO COAST公演が、昨日8月20日と本日8月21日に開催された。この記事では20日公演の模様をレポートする。

「BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark」は最新アルバム「aurora arc」を携え、7月12日の埼玉・メットライフドーム公演よりスタートした全国ツアー。全国のドームおよびライブハウスにて全18公演にわたって行われる。BUMP OF CHICKENがSTUDIO COASTでライブを行ったのは2017年11月の「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」以来約1年9カ月ぶり。フロアを埋め尽くした超満員のファンが貴重なライブハウスでのパフォーマンスを堪能した。

この日は「Aurora」「記念撮影」「話がしたいよ」といった「aurora arc」収録曲を中心に、「虹を待つ人」「ray」「オンリー ロンリー グローリー」など歴代の人気曲も多数織り込んだセットリストを展開。藤原基央(Vo, G)はオーディエンスとの距離の近さに序盤から高揚した表情を見せ、「会えてうれしいぜ!」と叫んでフロアの熱気をさらに高めた。

20日の公演は升秀夫(Dr)が40歳の誕生日を迎えてから初のツアー日程ということもあり、ファンから祝福の声が飛ぶ一幕も。それを聞いた藤原の仕切りで観客全員が声をそろえて「おめでとう!」と叫ぶと、升は満面の笑顔で手を振っていた。またMCでは藤原と増川弘明(G)がリハーサル時に起こった互いのハプニングをリラックスした様子で語り、ライブハウスならではの和やかな空気で会場を満たした。

終盤、直井由文(B)は名残惜しそうに「いろいろな都合があるけど、みんなに頼まれたら24時間ずっと演奏できる(笑)」と話す。藤原も「今日一緒に過ごした時間は人生からしたらほんのちょっとかもしれないけど、みんなの時間を分けてくれたおかげで俺たちの曲を鳴り響かせることができた。本当に幸せです」とファンに感謝を述べていた。

今回の全国ツアーは11月3日と4日の東京・東京ドーム公演でファイナルを迎える。ローソンチケットでは8月26日まで東京ドーム公演のチケット2次プレリクエスト先行受付を実施中。

アプリで読む