Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ウィリアム・ケントリッジ「冬の旅」より。(Festival d’Aix-en-Provence 2014 (c)P.Berger/artcomart.)

“動くドローイング”ウィリアム・ケントリッジが描き出す、「冬の旅」の世界

19/9/29(日) 9:40

ウィリアム・ケントリッジ「冬の旅」が10月18日に京都・京都芸術劇場 春秋座にて上演される。

本作は「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」の公式プログラムの1つ。南アフリカ出身のアーティスト、ウィリアム・ケントリッジが演出・映像を手がける本作では、恋に破れて放浪する男の孤独と絶望が、アパルトヘイト下の黒人労働者の苦難とリンクする。

フランツ・シューベルト「冬の旅」を軸に、世界的バリトン歌手マティアス・ゲルネの歌声と、ザルツブルグ音楽祭の芸術総監督でもあるマルクス・ヒンターホイザーのピアノ、そしてケントリッジの“動くドローイング”と言われる身体性が共鳴し合う。上演時間は1時間18分。

ウィリアム・ケントリッジ「冬の旅」

2019年10月18日(金)
京都府 京都芸術劇場 春秋座

演出・映像:ウィリアム・ケントリッジ

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」

2019年10月5日(土)~27日(日)
京都府 ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール“アルティ”、Theatre E9 Kyoto ほか

アプリで読む