Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

THE RAMPAGE RIKUの「音楽大陸」 Vol.7(後編) ナオト・インティライミから聞く世界の音楽事情

ナタリー

左からRIKU、ナオト・インティライミ。

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・RIKUさんの連載「音楽大陸」Vol.7には、ナオト・インティライミさんが登場。前編ではサッカー少年だった2人が音楽の道を目指すまでをじっくり語り合いました。

1万2000字からなるインタビューの後編は、ナオトさんの旅人としての一面にフォーカス。ナオトさんが世界を旅する中で手に入れた武器や世界中の音楽をこよなく愛するナオトさんから見たTHE RAMPAGEの音楽について、RIKUさんが迫ります。RIKUさんを思わず感動させたナオトさんのTHE RAMPAGE楽曲への評価とは。

取材 / RIKU 文 / 清本千尋 撮影 / 後藤壮太郎

人と出会うタイミングには絶対意味がある

RIKU ナオトさんに旅人としてのお話も聞きたいんですけど、旅に魅了されたきっかけは何だったんですか? 僕はナオト・インティライミという音楽のスタイルを見つけるためには、世界中を旅して現地の空気を吸って、ごはんを食べて、リアルな音楽に触れることが手っ取り早かったのかなと思ったんですけど。最初に旅に出たときは誰かに勧められたんですか?

ナオト・インティライミ 19、20歳くらいで初めて外国に行ったのよ。RIKUもメンバーと行ってたニューヨーク、あとはLA、ラスベガス、ボストン。アメリカをサッカー仲間で旅したの。1人はアート系、もう1人はダンサー、そして俺の3人で2週間ぐらい滞在してすごく楽しかったんだけど、人と一緒だと自分の好奇心が向くままには行動できないじゃん。

RIKU それぞれのペースがありますもんね

ナオト そうそう。気を遣うなあと思って。それで1人旅を始めたんだよね。バックパック1つ背負って1カ月くらいいろんな国を旅して回るっていうのを毎年やるようになった。そのあとデビューしたんだけど、なかなか売れなくて。自分を一番大きく変えられるものはなんだろうと考えて28カ国を回る旅に出たってわけ。

RIKU すごい……28カ国ですか……。

ナオト しかもノープランで。

RIKU ノープラン!? なかなかできないことだと思います(笑)。

ナオト 1年半旅してたんだけど、当時はiPhoneとかもないわけ。「地球の歩き方」みたいなガイドブックを何十冊も持っていくわけにもいかないし、なんかもうRPGみたいだったね。町の人に「安い宿探してるんだけどいいところない?」って話しかけてやっとその国でのストーリーが始まるみたいな(笑)。

RIKU 「旅歌ダイアリー」(世界を旅するナオトの姿を追ったドキュメンタリー映画「旅歌ダイアリー ナオト・インティライミ冒険記」)でナオトさんが現地のスターと出会って、ステージに誘われたものの舞台監督に「出すわけにはいかない」って言われるシーンがありましたよね。

ナオト おおー、コロンビアだね。

RIKU はい。もし僕がナオトさんの立場だったら「もういいわ!」ってあきらめちゃうと思うんですけど、ナオトさんは「今なんて言った? お前が出させたくないだけでしょ? 俺は誘われてるんだよ!」って食ってかかるじゃないですか。あれが本当にすごいなと思ったんです。結局時間の関係でそのときはコラボレーションできなかったけど、「やれることやったから悔いはない」ってナオトさんがサラッと言うじゃないですか。あのシーンが本当にカッコよくて……。

ナオト もう。恥ずかしいからやめなさいよ。

RIKU いやいや、本当にナオトさんすごいんですよ。ハンパない行動力や強いハートを持っていて、音楽に対してものすごく真摯な方だなと思いました。それゆえに各国のシンガーやスターたちがナオトさんをスッと受け入れて心を開いてくれるんだろうなと。この取材も入ってきていきなり目の前にグッと来たときに「なるほど、これか」と思いました(笑)。

ナオト 距離近い近い!ってね(笑)。たまに距離感間違えちゃうのよ。

RIKU 僕は素敵だと思います。

ナオト 日本ってさ、オープンすぎるのはちょっとトゥーマッチみたいなところあるから。世界を旅すると、クローズしていて得することなんて1個もないんじゃないかなって思うんだけどね。だからこっちは開いていて、相手に選ばせてあげるのがきっといい。出会った瞬間から嫌いな人っていないし、なんなら苦手かもと思い始めてからもきっといいところがあるんだろうなって期待してるの。旅先で99%苦手な人と出会ったとしても、最後の1%でいい情報をくれて目的地が決まったりするのよ。だからずっと心を開きっぱなしにしてる。人と出会うタイミングには絶対意味があると思えるようになったのは旅のおかげ。

RIKU すごい感覚……。映画で使われているのは長い旅の中のごく一部で、きっと見えないところでいっぱい苦労があったと思うんです。今のお話を聞いて映画の中でナオトさんが言っていた「この感覚は旅をしていなかったらわからなかった」とおっしゃっていた理由が少しわかった気がします。僕も苦手なタイプの人ってたまにいるんですけど、30歳になるまでにナオトさんのような考えになりたいです。

ナオト 旅はね、本当は早ければ早いほうがいいと思う。やっぱり20代、30代、40代、50代、60代、70代それぞれの旅のスタイルがあるから。どれもそのときにしかできないけどやっぱりオススメは1人旅。その旅で起きたこと全部が自分のせいだし、全部が自分のおかげになるから充実感が違うんだよね。例えば旅先で何も起こらなかったり、あんまり楽しめなかったりするのも全部自分のせいなわけ。何が起きてもそれは全部自分が動いたから起きたことなのよ。旅先ではめちゃくちゃ直感が冴えるし、死んじゃいけないときの全集中の仕方みたいなものがわかってくるんだよね。あのサバイブ感を経験すると精神的にすごくタフになるんだよ。

ナオト・インティライミにとってライブとは?

RIKU いろんな国で生き抜いてきたナオトさんですが、旅先でもたくさん演奏していますよね。ナオトさんにとってライブとはどういうものなんでしょうか?

ナオト うーん! 急に芯食った質問! RIKUちゃんはどうよ?

RIKU 僕にとっては生きてると一番実感できる場所ですね。THE RAMPAGEのRIKUと個人としての青山陸の両方を出せる場所がライブなんです。緊張するし、発散もするし、なんかすごく生きてるなって感じるんですよ。LDHに入って8年目なんですけど、「THE RAMPAGEのRIKUはこうじゃないといけない」「THE RAMPAGEのRIKUはきっとこういうのを求められいるんだ」というイメージがある中で、ライブのときだけはファンの皆さんと一緒に大騒ぎして1人の男・青山陸に戻れる感覚があって。

ナオト いやー、いいね! 俺も近いところはあると思う。けど、もう1年半もお客さんを入れてライブをやってないと忘れちゃう部分もあるんだよね。有観客のライブってさ、無観客のオンラインとはまったくの別物だよね。

RIKU 間違いないですね。観客数を減らしてライブをやってひさしぶりに人前に立ったとき、オープニングで本当に武者震いがして、上手に歩けなかったんです。それでまた「俺は生きてるぞ……」って強く思いました。

ナオト 生きてるって実感ね。あるよね。俺にとってのライブは自分の持ち味が一番出せる場所かな。カメラマンや役者、デザインを作る人、家を建てる人……いろんな技能がみんなあるわけじゃん。自分がやれることってなんだろうと考えると、サッカーはもちろん好きなんだけど、作詞作曲もするし歌も歌うからライブが自分の持ち味を一番発揮できる場所だし、ライブを観てもらえれば一番理解してもらえると思ってて。きっと「ティライミってこんな曲歌うよね」っていう世間的なイメージと、ライブを観たときの印象は全然違うものになると思うんだよね。昔はちょっと力が入っていたけど、ストリート感覚でドーム公演をやれたときに「ああ、もうこれは大丈夫だ」って思えた。京セラドームの舞台に立つ10年前は大阪の三角公園で1人で弾き語りをしてたのよ。4人のお客さんを前にしていたところからお客さんが徐々に増えて40人のギャラリーができて、今度はライブハウスで400人、もっと大きいライブハウスで4000人、ドームで4万人を相手にして、口笛を吹くいいパートのときにさ、聞こえてきた歓声に対して「うるさい。ちょっと待って。今ええとこやん」って言って曲を最初からやり直したのね。そのときにストリートライブをやっていたときとまったく同じだなと思えた。なんかそれが自分の中では大きい出来事だったんだよね。たぶん俺にとってライブは一生そういうものなんだと思う。

恵まれた環境を手に入れるために勝ち抜いてるすごさがある

RIKU ナオトさんは旅でインプットをしながら音楽を続けて、今年でデビュー10周年を迎えますよね。ナオト・インティライミの10年を振り返ってみていかがですか?

ナオト ティライミの10年?

RIKU 映画では「I wanna be Sunshine.」とおっしゃっていましたよね。太陽になりたいと。

ナオト よく覚えてるな(笑)。この10年ね……振り返ってみるとありがたいことだらけだったなって。自分の中で3回目のデビューが30歳だったのはすごく大きくて、だからこそここまで続けさせてもらえる環境に感謝してるよね。3回目のデビューともなると、自分の曲が全国で流れるためにはいろんな人が協力してくれてるってこともよくわかるわけ。自分だけじゃなくて、ナオト・インティライミプロジェクトに携わるすべての方のおかげで曲がテレビやラジオで流れて人々の耳に届くんだって。それでこれだけのファンの方が応援してくれているという状況は本当に奇跡的なことだと改めて感じるよね。まだまだ高みを目指していくつもりだし、やりたいこともたくさんあるし、海外でも夢をもっと叶えたいから、まずはスタッフやファンの皆さんが築いてくれたナオト・インティライミの10年に言葉にできないほどの感謝の気持ちがある。THE RAMPAGEは今デビュー5年目?

RIKU そうです。

ナオト もっと長いこと活躍している気がしてた。

RIKU まあ修行時代が長かったので(笑)。自分たちは泥水すすってやってきたと思ってるんですけど、ナオトさんのお話を聞くとかなり恵まれた環境でやってきたんだなと思いました。

ナオト でもさ、まず恵まれた環境を手に入れるために勝ち抜いてるすごさがあるんだよ。また全然違うすごさ。その中でまた切磋琢磨して努力してるわけでしょ?

RIKU 僕には15人の仲間がいて、ときにはぶつかり合ったりしながら試行錯誤を繰り返して、今楽しく活動できる環境が整ったという感じなんです。好きなことでメシを食えるなんて本当に奇跡的なことだし、こういう環境を与えてくれるスタッフやファンの皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

THE RAMPAGEって今いい調子でしょ?

RIKU ナオトさんは流行り廃りが激しい音楽シーンをサバイブして、今もTikTokのような新しいものを取り入れて音楽を発信していますよね。そんなナオトさんがこの先20周年、30周年に向けて思い描いている自分のアーティスト像はあるんですか?

ナオト やっぱりエンタテイナーとしてショーを続けていきたいよね。さっきライブの話でも言ったけど、それこそ自分の持ち味だから。あとはナオト・インティライミミュージックを突き詰め続けたい。ティライミにしかできない音楽を作っていくのが目標だね。結局誰が歌っても一緒な歌詞で、誰が歌っても一緒なメロディで、なんかちょっとカッコいいくらいじゃ嫌。濃くて替えが効かない音楽を作っていきたいね。やっぱりこの10年の中でいろんな人と比べてしまうこともあったし、売れる / 売れないの波もあったけれど、それに一喜一憂するよりも自分の表現を信じて進むほうが健康的だと自分は思ってる。これは日本の音楽業界における自分の話で、世界に向けてはまだまだド新人だから、どうやって花を咲かせようかとめちゃワクワクしてる。世界の音楽史に「日本人やりやがったな」と思わせるような爪痕を残すのが今の目標かな。

RIKU 世界の音楽史にJ-POPで革命を起こしたいですよね! ナオトさんは海外で歌うときに英語と日本語を混ぜて歌うじゃないですか。生意気に聞こえてしまったら申し訳ないんですけど、あれがすごくカッコいいなと思ったんです。歌詞を現地の言葉に替えて歌ったり、その土地の歌をカバーしたりして、各地のリスナーに寄り添うことも大事だけれど、やっぱり日本をレペゼンして歌える歌手っていいなと。僕もLDHと日本をレペゼンできる歌手になりたいんです。

ナオト J-POPは海外でそのまま歌ってもよさが伝わりきらないのよ。だから韓国の音楽シーンにかなり押されちゃったんだと思うし。THE RAMPAGEをはじめ、LDHの音楽はJ-POPの中でも世界規格に近いと思っているからものすごく応援しているのね。日本にはこんなにきめ細かくてカッコいい音楽があるというのはどうしても伝わりにくいから。ただ、世界中を70カ国ほど旅した旅人マインドで話させてもらうと、言葉って本当にすごく大事なんだよ。日本の曲を日本語で歌うのと、現地の言葉に替えて歌ったときの反応は明らかに違う。だから現地の言葉で歌うけれど、そこに日本語をちょっと入れるのがいいんだよね。海外で自分の音楽を料理する方法を自分の中で研究し尽くした結果、スペイン語でラテンマーケットに向けて歌うのが自分には合ってると思ったわけ。スペインでアーバンとされるものに自分のアイデンティティとして日本語を乗せるのが合ってると気付いた。日本の素晴らしい音楽人たちも世界のマーケットを相手にするとなかなか難しいのは旅先で歌うとよくわかるんだよ。海外のトレンドをリサーチして、自分がその中でうまく料理できそうなのはなんだろうと考えたとき、一番流行ってるトラップはちょっと違ったんだよね。それで目をつけたのがラテン。大好きなラテンをリスペクトして自分のアイデンティティを加えるのがいいなと思うから、世界にはそういうアプローチをしてる。だからね、THE RAMPAGEもラテンテイストの曲あるでしょ? 「LA FIESTA」。あれは本当にカッコいいよね。

RIKU ありがとうございます!

ナオト あと「YOUR LIFE YOUR GAME」も素晴らしいよね。今回の対談の話をもらう前からめちゃくちゃ聴いてたの。俺は日本の曲も好きだけど世界の曲もめちゃくちゃ掘って聴いていて、例えばアフリカや南米でどんな曲が聴かれてるのかとかもリサーチしてるのね。で、日本の音楽をいろいろ聴いた中でも「YOUR LIFE YOUR GAME」はもう本当に海外規格。今流行ってる音数が少ない感じにしっかりJ-POPのメロディが乗ってるなと思ったよ。J-POPのメロディはね、絶対世界一だから。THE RAMPAGEはいい曲出すなと思っていたところで、この対談の話をもらったからすごくうれしかったの。

RIKU わあ、本当ですか。

ナオト もちろんTHE RAMPAGEのことは今すごく人気が出てきてることもわかってたし、ラテンをやってるのがうれしいなと思ってたんだけど、「YOUR LIFE YOUR GAME」はいち音楽リスナーとしてめちゃくちゃ好きな曲だった。音楽家の目線で聴いてもすごくよくできている曲というか。THE RAMPAGEって今いい調子でしょ? やっとTHE RAMPAGEミュージックがお茶の間に届き始めてる感じがある。もちろん大きな組織の中でいろんなチームがあって、いろんな差別化もあると思うんだけど、THE RAMPAGEというものがはっきりとした形になって色濃くなってきたように見えるんだよね。

RIKU 褒めていただきありがとうございます……!

ナオト いやいや、こんな偉そうなこと言って、ファンの人に怒られちゃうかな。

RIKU そんなことないですよ! 僕ら6月30日に新曲「HEATWAVE」をリリースするんですけど、ナオトさんが好きなラテンなので楽しみにしていてほしいです! ナオトさんもきっと踊りだしたくなる曲だと思います。

ナオト えー! やったー! リリースされたらすぐ聴く! EXILE TRIBEでラテンを多くやってるのはTHE RAMPAGEだけなのかな? あのテイストって日本でヒットするのはすごく難しいんだけど、こうやってRIKUたちがやってくれることで日本でもラテン音楽が盛り上がったらいいなと思うよ。ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーの「Despacito」っていうスペイン語の曲が2017年に南米で大ヒットして、そこからジャスティン・ビーバーがフィーチャリングで参加したバージョンが出て空前の大ヒット曲になったの。それをきっかけにラテン音楽はワールドミュージックの中で1つのカッコいいジャンルになって、世界のトップ50のうち15曲がラテンみたいな状態になったんだよね。ラテンはオリンピックくらいの頻度でヒット曲が出てくるんだけど、常時ラテン曲がトップ50に入るなんて「Despacito」が流行るまではまず考えられなかった事態なんだよね。

RIKU 僕もラテンにはなじみがなかったので、それこそ「LA FIESTA」は歌うのが難しかったです。そのあと「Fandango」という曲もリリースしているんですけど、その頃からラテン調の曲の中での自分の表現の仕方が少しずつ定まってきて、今回の新曲は特にスムーズに歌えたんです。これまでの経験で音楽に身を任せて歌ったらうまくいきました。

ナオト RIKUはさ、ラテンの国に行こうよ! クラブの雰囲気とか現地の人たちの音楽の楽しみ方とかもう本当に最高だから。

RIKU 行ってみたいです! 僕、歌修行で行ったニューヨークしか海外に行ったことがないんですけど、そこでもダイレクトな反応をもらえてうれしかったんですよね。

ナオト わかる! 海外の音楽ラバーは本当に反応がいいよね。

RIKU はい。だからもう1回ニューヨークに行きたいし、行ったことない国に行って、現地のメシを食って空気を吸っていろんな音楽を聴きたいとずっと思っていて。いろんな環境が整ったらナオトさんのようにアクションしてみようと思います。

ナオト 俺はね、ずっと音楽だけやってたらいい音楽が作れるっていうのは違うと思うのよ。みんなもちろんストイックに音楽を続けているけど、我々表現者にとっては休みも重要。昔は海外に行っている間は活動がストップしちゃうから、それに向けて日本で仕込んでいかなくちゃいけなくて大変だったんだけど、今は海外からの発信をファンの人も喜んでくれるし、いくらでも仕事の延長で旅ができるいい時代になったのよ。仕事を兼ねた旅もいいけど、もちろんプライベートの旅も最高よ。自分だけで行って自分だけで発信できるというのは昔と違うところ。向こうで歌を録音してもいいわけだしね。

RIKU うわー、やりてー(笑)。

ナオト レコーディングエンジニア紹介するよ。マイアミ、LA、メキシコ、どこにでもいるからさ。旅に出ている間に日本で出すシングルの期日がヤバいって連絡があったときは、現地でエンジニアとスタジオを押さえて、現地のドラマー捕まえて、ニューヨークのギタリストに弾いてもらったギターの音を重ねて、LAのピアニストからもらったデータも重ねたこともあった。世界中からトラックが集まってきて、ミックスはメキシコにいる俺と東京のエンジニアとやり取りして仕上げたんだよね。コロナ禍になる前からそうやって俺は音楽を作っていたから、今この状況になっても海外へは行けないけど同じようなスタイルで楽曲制作をしてる。どこにいても音楽が作れる時代になってよかったなと思うよ。

RIKU 僕も気合いを入れてがんばり続けて、いつかナオトさんとステージでご一緒できたらいいなと思ってます。

ナオト ねー! こちらこそですよ。旅もね、いいとこ連れてきますよ。

RIKU やった!

ナオト・インティライミ

三重県生まれ、千葉県育ち。これまでに世界60カ国以上を1人で渡り歩き、各地でライブや楽曲制作を実施するなど、世界の音楽と文化を体感しながら活動を行っている。2009年にサポートメンバーとしてMr.Childrenのツアーに同行したのち、2010年4月にナオト・インティライミ名義でのメジャーデビューシングル「カーニバる?」をリリース。同年7月には1stアルバム「Shall we travel??」を発表し、12月には東京・日本武道館公演を開催した。その後「NHK紅白歌合戦」出演や大阪・京セラドームでのライブ、全国アリーナツアーを実現し、2017年1月に自分の原点に立ち返るため、世界を回る旅に出ることを宣言。約半年間の旅を経て7月10日開催の「ナオトの日」ライブで日本での活動を復帰させた。2019年9月にジョーイ・モンタナとのコラボ曲「El Japones」でユニバーサルラテンより世界デビュー。デビュー10周年を迎える2021年は秋にベストアルバムをリリース予定。7月10日には恒例の“ナオトの日”ライブ「ナオトの日 スペシャルLIVE 2021 ~じゅっしゅぅ、じゅっしゅぅ、10周年!! あなたが思うよりおまっトゥリです!!~」を東京・東京ガーデンシアターで開催する。

ナオト・インティライミ公式サイト
Naoto / ナオト・インティライミ (@naotointiraymi) / Twitter
Naoto / ナオト・インティライミ (@naotointiraymi_710) ・ Instagram photos and videos
ナオト・インティライミ / Naoto (@naotointiraymi) 公式TikTok | ナオト・インティライミ

RIKU

1994年8月10日生まれ。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル。2014年4月に行われたLDH主催オーディション「EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 4 ~夢を持った若者達へ~」に合格し、THE RAMPAGEのボーカル候補生となる。同年9月に行われた「武者修行ファイナル」で正式メンバーに昇格。2017年1月にシングル「Lightning」でメジャーデビューを果たした。2021年2月に3rdアルバム「REBOOT」をリリース。6月30日にはTHE RAMPAGEのニューシングル「HEATEWAVE」のリリースが予定されており、その収録曲「ALL ABOUT TONIGHT」「YOUR LIFE YOUR GAME」が各種音楽配信サイトにて現在先行配信されている。RIKU個人としては毎週金曜日にメンバーの陣と共にスペースシャワーTV「ライブを100倍楽しむLIVE YEAH!!!」、bayfm「WEEKEND THE RAMPAGE」にレギュラー出演中。

RIKU (@_riku_r.m.p.g_ldh)・Instagram photos and videos

RIKUさんの近況

THE RAMPAGEとしては、
ついに新曲「HEATWAVE」のMVが解禁となりました!
EXILE TRIBEでのツアーや、単独でのツアー制作、その他レギュラーのお仕事、プロモーション等でかなり忙しい毎日を過ごさせて頂いております!!

プライベートでは…
と言いますと、正直仕事終わって家に帰ったらピアノの練習か休息しかしてないので、特に変わった事はないです…泣
休むために帰るくらいの感じです!!
トレーニングの内容が変わったくらい?笑

オススメの曲はもちろん「HEATWAVE」一択!
あなたの夏を盛り上げる事間違いなしです!

アプリで読む