Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

米津玄師(撮影:山田智和)

米津玄師「Lemon」大ヒット受け大塚美術館で特大サイズ陶板を展示

ナタリー

19/7/5(金) 17:00

米津玄師の「Lemon」の大ヒットを受け、米津の出身地である徳島県の大塚国際美術館で、「Lemon」のジャケットをデザインした陶板が展示されることとなった。

「Lemon」は米津が昨年TBS系ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として書き下ろした、自身最大のヒット曲。フィジカル、デジタル合算のセールスは300万枚を記録し、YouTubeで公開されたミュージックビデオの再生回数は日本人アーティストとしては初めて4億回再生を突破した。発表から1年以上が経ってもなお幅広い世代から愛され続ける「Lemon」について、米津は「ありがたいことです。とっくの昔に自分の想像を飛び越えた曲になっていましたが、一体どこまでいくんだろうか、と興味深く感じています。自分の曲という意識はもうほとんどありません。末長くみんなに愛される曲になっていってほしいです」とコメントしている。

今回飾られる「Lemon」ジャケットの陶板は、「多くの方々からLemonを大切に育てて頂いた事への感謝の形」として特大サイズで製作された。退色劣化しない陶板の「Lemon」は、米津が昨年「NHK紅白歌合戦」に初出演した際に中継会場に使用したシスティーナ・ホールを擁する大塚国際美術館で7月30日より展示される。

アプリで読む