Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から柴犬のまる、バナナマン。

バナナマン「ペット2」ジャパンプレミア登壇、少年時代の日村を設楽がイジる

ナタリー

19/7/15(月) 10:46

昨日7月14日、映画「ペット2」のジャパンプレミアが東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、バナナマンが出席した。

7月26日(金)に全国公開される「ペット2」は、飼い主が留守にしている間のペットたちの様子をユーモラスに描くコメディ「ペット」の続編。前作同様、設楽が主人公の雑種犬・マックス、その相棒デュークに日村が声を当てている。

ジャパンプレミアには日本語吹替版キャストの佐藤栞里、伊藤沙莉、内藤剛志、日本版イメージソング「BREAKER」を歌う木村カエラも参加。まずは登壇者たちのペットの写真を見ていくコーナーが展開された。ここでは日村が中学生のときに飼っていた犬の写真を公開。設楽は犬の後ろにいた日村に注目して「織田無道さん?」とイジるが、本人は「この頃は、みんな憧れの日村でしたよ。児童会長をやるわ足は速いわ……」と学校での人気ぶりを振り返っていた。

作品のテーマが「勇気をもって挑戦する」であることから、日村が頭に装着したカゴに、ほかの登壇者がボールを投げ入れるゲームも行われることに。日村が怖がる中、チャレンジは4回連続で成功して一同は大盛り上がり。設楽は「ヒット祈願になったね。大入り間違いなし!」と笑顔でコメントしていた。

イベントの最後には、日村が「すごく面白い『ペット2』ができあがりましたので、皆さんぜひ楽しんでください!」と作品をPR。続く設楽は「見どころがたくさんありすぎて『ここ』っていうのは言い切れないけど、細かい注目ポイントは牧場の崖のシーン。デュークが羊と一緒に草を食ってるのが面白い(笑)」と語っていた。

(c)Universal Studios.

アプリで読む