Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「だれもが愛しいチャンピオン」

障害者600人からオーディション、実在するバスケチームに着想得た映画の予告解禁

19/10/4(金) 21:30

スペイン映画「だれもが愛しいチャンピオン」の予告編がYouTubeで解禁された。

実在するチームに着想を得た本作は、知的障害者のバスケットボールチーム“アミーゴス”の快進撃を描いたスポーツドラマ。主人公は飲酒運転の事故を起こし、社会奉仕活動としてアミーゴスの指導を命じられた負けず嫌いのプロバスケコーチ・マルコだ。

予告にはメンバーたちの自由すぎる言動に困惑するマルコの姿が収録された。しかし彼らの純粋さ、情熱、豊かなユーモアに触れ徐々に変化したマルコは、チームのために一念発起する。映画には、実際に障害を持つ600人の中からオーディションで選ばれた10名が出演。すでに完成していた脚本を当て書きとして全面改稿し撮影が進められた。

「ミラクル・ペティント」のハビエル・フェセルが監督を務めた「だれもが愛しいチャンピオン」は、12月27日より東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー。

(c)Rey de Babia AIE, Peliculas Pendelton SA, Morena Films SL, Telefoonica Audiovisual Digital SLU, RTVE

アプリで読む