Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

こまばアゴラ劇場ロゴ

こまばアゴラ劇場、2020年度春夏ラインナップを発表

ナタリー

19/8/27(火) 12:36

平田オリザが芸術総監督を務める東京・こまばアゴラ劇場の、2020年度春夏のラインナップが発表された。

利用団体には、田上パル、うさぎストライプ、松田正隆とこふく劇場・永山智行のタッグによるひなた旅行舎、ぱぷりか、糸井幸之介の個人ユニット・ぐうたららばい、日本のラジオ、青年団、グループ・野原、ホエイ、Kawai Project、屋根裏ハイツ、幻灯劇場、コトリ会議、スペースノットブランク、トリコ・A、ヌトミック、Eine Feigeが名を連ねた。

青年団は今年2・3月に「平田オリザ・演劇展 vol.6」で披露した「コントロールオフィサー」に加え、新作を発表。9月に行われるヌトミックの公演「JR常磐線上り列車(仮)」では、脚本を青春五月党の柳美里が担当する。

2020年度 こまばアゴラ劇場ラインナップ(日程は劇場利用予定日程)

田上パル「Q学」

2020年3月17日(火)~31日(火)
作・演出:田上豊

うさぎストライプ「いないかもしれない」

2020年4月1日(水)~13日(月)
作・演出:大池容子

ひなた旅行舎「蝶のやうな私の郷愁」

2020年4月15日(水)~21日(火)
作:松田正隆
演出:永山智行

ぱぷりか「遠くて、近くて」

2020年4月22日(水)~5月5日(火・祝)
作:福名理穂、矢野瑛彦
演出:福名理穂

ぐうたららばい「タイトル未定」

2020年5月6日(水・祝)~17日(日)
作・演出・音楽・美術:糸井幸之介

日本のラジオ「カナリヤ」

2020年5月18日(月)~24日(日)
作・演出:屋代秀樹

青年団「コントロールオフィサー」+新作

2020年5月25日(月)~6月7日(日)
作・演出:平田オリザ

グループ・野原「おねしょ沼の終わらない温かさについて」ほか1作の2本立て公演

2020年6月9日(火)~16日(火)
作:西尾佳織、ほか1名
演出:蜂巣もも

ホエイ「犬とかかしと運動会」

2020年6月17日(水)~30日(火)
作・演出:山田百次

Kawai Project「ウィルを待ちながら インターナショナル・ヴァージョン」

2020年7月1日(水)~12日(日)
作・演出:河合祥一郎

屋根裏ハイツ「再建設ツアー『とおくはちかい』『ここは出口ではない』」

2020年7月13日(月)~26日(日)
作・演出:中村大地

幻灯劇場「盲年」

2020年7月27日(月)~8月2日(日)
作・演出:藤井颯太郎

コトリ会議「晴れがわ(仮)」

2020年8月6日(木)~11日(火)
作・演出:山本正典

スペースノットブランク「フィジカル・カタルシス」

2020年8月13日(木)~24日(月)
演出:小野彩加、中澤陽

トリコ・A「へそで、嗅ぐ」

2020年8月25日(火)~31日(月)
作・演出:山口茜、ウォルフィー佐野

ヌトミック「JR常磐線上り列車(仮)」

2020年9月1日(火)~14日(月)
作:柳美里
演出:額田大志

Eine Feige「新作群舞『人はどこまで進化を望むのか?』」「ソロダンス『決して来ない季節』」

2020年9月16日(水)~22日(火・祝)
演出・構成・振付:木村愛子

アプリで読む